宮城より 沿岸部の今の旬といえば?

毎年2月から4月にかけて、宮城県北部沿岸部の旬といえばコレです!

そう!わかめとめかぶです!

リキッドスノー わかめとめかぶ

この時期になると、沿岸部の養殖漁師さんはわずか三カ月で一年分のわかめを収穫します。

東日本大地震前は、決まった養殖漁師さんがわかめを養殖されていました。
しかし津波で加工場、養殖場が壊滅してしまい、なんとか産業をいち早く復旧させるため、種付けから4?5カ月で成長するわかめを地域の産業として、みんなで養殖、販売するようになりました。

リキッドスノー わかめ作業

知ってましたか?
わかめとめかぶは一体になっているという事を!

めかぶは茎と葉を削ぎ分けます。我々がスーパーなどで目にするめかぶは、葉の部分を細かく刻んだものなんですよ。
また、採れたてのわかめとめかぶは、鮮度が良いのでシャキッとした味わい、歯応えです!市場ではなかなか手に入らない外洋で養殖されているので、身がしまっているのも特徴です。

リキッドスノー わかめしゃぶしゃぶ

最後に、沿岸部での養殖業は5月から10月にかけて牡蠣、ホタテが最盛期を迎えます!

現在、海水シャーベットを使って宮城県の牡蠣、ホタテを高鮮度で全国に届けていく商流創りに向けて、準備を進めていますので、進捗をこのブログでも発信していきます!

この記事の場所: