石巻産、天草産の鮮魚を鮮度そのまま祇園で食す!

3月8日(木)JFみやぎ、石巻の漁師の皆様が、神戸・京都祇園へお越しいただき、海水シャーベット氷による高鮮度流通の勉強会&試食会を開催しました!

今回は宮城県と熊本県と、共に震災の被害を受けた地域産の魚を海水シャーベット氷でしめて、京都祇園へ持ちこみオーナーシェフの皆様と試食会を開催いたしました。

 

 

現地で3日前に獲れた魚が『おらほで獲って食べる味と同じ!』と、その鮮度に驚きの評価をいただいております。
オーナーシェフの皆さんも、これは美味い…と嬉しい評価で大絶賛でした!

特に、歯鰹(はがつお)は最高やった‥^^

 

↑歯鰹(ハガツオ)です。

 

海水シャーベット氷の最大の特徴は、これまでの方法と違い、ローコストでかつ既存の流通システムを使って高鮮度保持が実現できること。

弊社では既に流通は関西を中心に始めていますが、今後は関東にも展開し、産地でしか絶対に味わえない新鮮な魚を、都会でも味わえるようになり、なおかつ、産地と消費地の距離感を縮め、より地方創生に貢献していきます!

海水シャーベット氷を使った産直魚にご興味のあるバイヤーの皆さま、産直鮮魚を仕入れたいというお店の皆さまからのお問合せをお待ちしております!

 

この記事の場所: