石巻魚市場 – 高度衛生管理型の産地卸売市場モデル

みなさん、こんにちは。
今日は石巻魚市場について、ご紹介します。

東日本大震災により、当時、東洋一といわれていた水揚棟(654m)が崩壊しましたが、高度衛生管理型の産地卸売市場モデルとして、全長876mの閉鎖式水揚棟が完成し、平成27年9月1日に供用開始されています。

リキッドスノー:石巻魚市場

全国的に水揚げ量が減少している中、現在、三陸ではマダコが豊漁で、石巻市の石巻魚市場でも10月の取扱量が昨年同月の8倍と、秋サケや寒流系のサンマが不漁なだけにマダコ豊漁に浜が活気づいています。また、ブランド魚「金華さば」のシーズンも到来!漁場が三陸沖に形成され、脂が乗っており、本番の冬場にかけて好漁が期待されています!

リキッドスノー:石巻魚市場

私たちは海水シャーベット氷などを通じて、魚価アップや地方創生に貢献したいと思っています!色々と検証結果も生まれており、来年がますます楽しみです!(^^)

 

※余談ですが、魚市場にあるご飯屋さんに、関西から出張で来た弊社社員が見学後に朝飯を。。。美味しかったと自慢してました(^^) 石巻に来られたら、ぜひご賞味してみてください!

リキッドスノー:石巻魚市場

この記事の場所: