研修を実施する際の新型コロナウイルス等の感染防止策について

はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患された方々および関係者の皆さまに
心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い快復をお祈り申し上げます。
また、医療従事者をはじめ行政の皆さま、感染防止にご尽力されている皆さまに深く感謝申し上げます。

株式会社ガイアシステムでは、新型コロナウイルス感染予防および拡大防止のため、
受講される皆様と講師の健康と安全を考慮し、研修開催に当たり、下記の対策に努めております。
受講される皆様には御理解と御協力をお願いします。

研修時間の調整

  • 講師および受講者の、満員電車の通勤時間帯を避けるために研修時間を調整しております。
  • (例)研修の開始時間を、午前11時〜や午後13時からに設定。

研修会場の予防対策

  • マスク、アルコール消毒液、次亜塩素酸水、空気清浄機、加湿器、講師専用マイクの設置を
    研修実施会場にお願いをしております。

感染防止の実践の徹底 <3密(密閉・密集・密接)の回避>

  1. 受講者は、終日、マスクを着用していだきます。
  2. 講師についても、感染防止対策を強化するためにマスク着用での登壇を推奨するとともに、
    マイクを使用します。
  3. 研修会場入室前に手洗いを30秒間してからの入室をお願いしております。
  4. 入室後、すぐにアルコール消毒を徹底しております。
  5. 入室後、衣服の除菌スプレーをお願いしております。
  6. 会場のドアノブは、2時間に1回、アルコール消毒をお願いしております。
  7. 会場は、1時間置きに10分間の換気をしております。
    (ウィルスが希釈され感染リスクが下がります。感染病院でも換気を徹底されています。)
  8. グループワーク実施時の座席間隔の確保などの措置を講じます。
  9. 間近での会話や発声をする密接場面を避ける内容で実施します。
  10. 自宅でも、手洗い、アルコール消毒、衣服除菌など徹底をお願いします。

講師・受講者の事前の検温の実施

  • 研修参加者(受講者及び講師、職員等)には、前日および研修開始前に検温をお願いするとともに、37.5℃を超える、または体調不良の場合は、参加の見合わせをお願いします。
  • ご家族、親族、知人、地域コミュニティで感染された方がいる場合は、
    参加の見合わせをお願いします。
  • 講師が参加を見合わす場合には、予定していた講師の代わりに別の講師で対応させていただく、
    もしくは研修の開催を順延致します。

講師および弊社社員の予防対策

  • 緊急事態宣言解除後においても、在宅勤務、および時差出勤の積極実施を行っております。
  • また、通勤時・勤務時間のマスク常時着用、手洗い・うがい・消毒、
    定期的な社内換気・アルコール除菌検温、体調チェックを徹底しております。

感染が発生した場合の協力依頼

  • 研修参加者の中に感染者が出た場合、その他の参加者に連絡を取り、症状の確認や、
    場合によっては保健所などへの公的機関に連絡を行います。
  • 保健所などの聞き取りへの協力をお願いするとともに、
    濃厚接触者となった場合には接触してから2週間を目安とした自宅待機の要請が行われる可能性があることの御了解をお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる