アンガーマネジメント研修の目的・効果・カリキュラム例を紹介

アンガーマネジメント研修

私たちは、日常生活の中でどうしても怒りを感じてしまうものです。それは、仕事においても同じことであり、「怒り」が原因で他者とのトラブルに発展してしまうことは少なくありません。しかし、「怒りをコントロール」することができればコミュニケーションは改善し、円滑に業務が進むようになります。

 

今回は、企業における「アンガーマネジメント」に関する研修について解説します。

メニュー

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントは、簡単にいうと「怒りを管理する方法」という意味です。1970年代にアメリカで考案されたプログラムであり、怒りの感情と上手に付き合うためのトレーニングです。

現在では多くの企業で研修プログラムとして取り入れられており、自分の怒りを「その場にふさわしい」感情表現を行うためのスキルとして知られていますが、アンガーマネジメントが日本で注目されるようになった理由は、「働く人の価値観」が多様化したことです。

ビジネス分野においては、「パワハラ予防」や「人間関係向上」のための手法として、また、「怒り」という衝動的な言動をコントロールし、適切な問題解決やコミュニケーションにつなげるための方法として活用されています。

アンガーマネジメント研修を企業が行うメリット

従業員がアンガーマネジメントスキルを身につけることによって、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。メリットは様々なものがありますが、ここではいくつか数を絞って解説します。

チームビルディングに役立つ

アンガーマネジメントスキルを身につける最大のメリットと言えるのが、「怒りの感情をコントロールできるようになる」ことです。

そもそも、「怒る」こと自体は決して悪いことではありません。人間は感情的な生き物ですから、日常生活において他者とのコミュニケーションを重ねる中で怒ることはあります。

これは、仕事中でも同じことが言えます。しかし、仕事中に感情をあらわにして他者にぶつけてしまうと、周囲が萎縮したり業務に差し障りが出てしまいます。

そこで、怒りの感情をコントロールすることによって、対人関係を良好に保ち、業務への悪影響を最小限にすることができるのです。

職員間のトラブルが少なくなる

怒りの感情がコントロールできるようになると、「今、自分は怒っているんだ」という事実を客観的に受け入れられるようになります。そのため、怒りに任せた言動ではなく「相手にとって受け入れやすい表現」を心がけつつ自分の気持ちが表現できるようになるのです。

例えば、ミスをしてしまった部下への指導やクライアントとの交渉などの場面においても、感情をしっかりコントロールすることで落ち着いた気持ちで建設的な会話ができるようになるのです。

価値観の多様性を理解できるようになる

近年、働き方改革や人材のグローバル化によって、多くの企業では様々な価値観を持った人と仕事をする機会が増えています。国籍が違えば価値観が違って当然ですが、同じ人種でも大きく違うことがありますよね。

そんな時、「感情をコントロールするスキル」が身についていれば、”価値観を理解”するのではなく”多様性を肯定”できるようになります。つまり、「そんな価値観もアリだよね」「自分の価値観だっていいじゃないか」ということをそれぞれが認められるようになるのです。

人材流出を防げる

アンガーマネジメントスキルを活かした仕事ができることで、職場全体の雰囲気は大きく変わります。その結果として、「働きやすい職場環境」が出来上がる要因となり、離職率を減らすことができます。さらに、組織としてのコミュニケーション力がアップするため、生産性が向上しやすくなるのです。

アンガーマネジメント研修とは

アンガーマネジメント研修では、「怒りを分析・理解する」ことから始まり、実践的なスキルを身につけていきます。アンガーマネジメントでは、「衝動のコントロール」と「思考・行動のコントロール」という二つの点からスキルを磨き、使えるようになっていきます。

ただスキルを身につけたり理論を知るだけでは意味がなく、最終的には日々の業務で使えるようになることが必要であるため、手法をどんどん体験していくことが一般的です。

今回は、アンガーマネジメントとして実際に紹介されているスキルをいくつか解説します。

衝動のコントロール

①6秒ルール

人間の怒りは、6秒経つと徐々に落ち着いていくと言われています。そこで、自分が怒りを感じた時に「6秒」カウントを行うことで気持ちを落ち着かせます。また、6秒数えることに集中することで、意識を逸らせる効果もあります。

②カウントバック

これは、6秒ルールに似たような形式のスキルです。100から6秒数えたり、3ずつ引き算をするなどして、違うことに頭を使うことで落ち着かせます。

③ストップシンキング

「考えることをやめる」という意味です。水を飲む、深呼吸するなど意識的に「怒りの対象」となっていることについて考えることを止めるのも、スキルの一つです。

思考・行動のコントロール

①怒りから「逃れることができない」ことを理解する

私たちは感情的な生き物です。完全に怒りから逃れることは難しいのが現状ですから、「どうしても怒ってしまうものである」という理解は必要です。「怒らないこと」は不可能に近いと思っておきましょう。

視点を切り替えて捉え直す

「怒ることは仕方がない」とはいえ、何でもかんでも怒っていいわけではありません。アンガーマネジメントスキルを活用して、一旦冷静になること、そして、「自分は何が原因で怒ったのか」「怒る理由はどこにあったか」を客観的に見つめられるよう、切り替えましょう。

視野を広く持つ

難しいことかもしれませんが、怒っている時こそ「視野を広く持つ」意識でいるようにしましょう。多くの場合、怒ると視野は狭くなります。そうなると、普段は気づいているようなことに気づけないようなことになりかねません。怒っている時こそ、広い視野が重要です。

研修を通して得られるスキル

アンガーマネジメント研修を通じて得られるスキルは、主に次のとおりです。実際の業務に役立つものばかりで、組織としてのチームビルディングや「職場コミュニケーションが円滑」と言われるためには重要なものばかりです。

自分の感情(怒り)に気づけるようになる

まずは、自分自身が「怒っているんだ」ということを自覚できるようになります。自覚ができている状態だと、「怒りの原因」に目を向けられるようになっていることが多いため、感情はどんどん落ち着いていきます。

怒りの感情が強くなる前に対処できる

アンガーマネジメントスキルを活用すると、怒りのレベルが大きくなって相手にぶつけてしまう前に、自分を客観的に見つめて対処する余裕が生まれます。結果として、誰かに怒りをぶつけるようなトラブルがなくなるのです。

他者とのより良い人間関係が築けるようになる

スキルを身につけることによって、「相手が受け入れやすいような形」で気持ちを表現することができるようになることで、結果的にお互いに信頼関係が生まれます。

人間関係の円滑化

アンガーマネジメントスキルを得ることで、チーム内の人間関係が円滑になります。例えば、上司と部下が円滑なコミュニケーションを取れており、お互いがアンガーマネジメントスキルを使うことができるならば、「パワハラ」は起こりません。

実際に上司が「パワハラ」で訴えられる背景には、アンガーマネジメントがうまくできていなかったりコミュニケーションが取れていないという原因が挙げられることも多々あります。

感情のコントロールは難しくない

今回は、「アンガーマネジメント」について解説しました。「本当にうまくいくのか」「こんなに簡単なことではないだろう」と思われるかもしれませんが、実際にアンガーマネジメントが成功している企業は、何度も繰り返してスキルを身につけて実践しています。実践的なスキルが身につけば、あなたの会社も変わるかもしれません。

ぜひ、明日からアンガーマネジメント研修の企画に取り組んでみてはいかがでしょうか。

弊社では、企業様それぞれにあった研修をご提案しています。また、コンサルタントが準備からアフターフォローまでを丁寧にサポートしますので、まずはご相談ください。

 

さまざまなニーズに応じた豊富な人材育成研修プログラムをご用意しております。
研修コンシェルジュが丁寧で適確なご案内をさせていただきます。

0120-117-450

受付 9:30~18:00(土日祝日除く)


   

アンガーマネジメント研修

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
メニュー
閉じる