オブザーバー(Observer)

元になるobserveは、ラテン語で監視するで、
人事領域においては研修を実施する際に、おもに研修の「観察者・観測者・立会人」として参加する人(受講者と講師を除く)をさすことが多い。
また、役割としてのオブザーバーという存在もあります。

目の前で当事者の観察(表情、態度等)をして、話の切り口を見つけ要約しながら、話を深めていく役目をします。

あくまでも第三者という存在で具体的には、「研修の開催責任者や事務局」、「(外部に研修を依頼している場合)提供会社の営業担当や開発スタッフ」、

「研修を担当する別の講師」などが主なオブザーバーとなることが多い。

=========

ガイアシステムでは、企業理念・事業目的を共有し高めるための研修プログラムを提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

 

承認とは、

相手のことを認めてあげることです。

相手の意見や主張が自分の考えと反していても、反論せずにまずは一度受け入れることです。

その上で、自分の考えを相手に伝え、目標達成に繋がるよう導いていくことが大切です。

 

承認の方法は話を聞くだけではなく、「私はあなたの話を聞いています」という意図が伝わることが重要です。

 

有効な手段としては、頷きなどのリアクションや、ボディランゲージの一種でもある拍手もその一つです。

日本人は表情のリアクションが乏しいため、顔だけでは本当に聞いてくれているのか相手はわかりません。

また、自分が思っている感情と言葉のトーンが一致していないこともあるので、言葉だけだと相手に上手く伝わっていないこともあります。

なので、相手の話が終わったら拍手というアクションを取ることで、分かりやすく相手の話を受け入れたことを伝えることが出来ます。

 

コーチングする中で最も大切な行為が承認なのです。

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

 

メンタルヘルスとは

 

精神面の健康を表す言葉です。

社会人が企業活動内において十分に能力を発揮するには、肉体と精神の両面で健康であることが重要です。

人間関係などによりストレスを受けるとメンタルヘルスが乱れ、仕事への意欲や集中力を欠く事例が多くあります。

精神面で疲れが貯まると、肉体面にも悪影響が現れるのはめずらしくありません。

具体的には、頭痛・胃痛などがその一例です。

 

肉体と精神の両面で不調になると、業務における生産性は大きく低下するため、メンタルヘルスを好調な状態で維持することはとても大切です。

個人としてストレスを貯めないようにするのはもちろん、組織としても個人に負担がかかりすぎないように配慮しなければいけません。

 

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

モラルは環境や習慣によって微妙に変化

モラルという言葉は主に「道徳」や「倫理」という面で使用し、極端に言えば「善と悪を判断する基準」であり、企業内におけるモラルは、主に道徳感、倫理観を指します。

自分の生きる現実社会や人生に対する態度や気持ちのありようのことなので法的根拠による拘束力はもちませんから、相互の人間関係における「善悪の判断を伴う感性」ということになります。

モラルはその環境によって使い方が異なります。
なぜかというと、道徳は環境や風土・習慣などによって微妙に変わるものだからです。

住む地域や自分が現在いる場所それぞれに独自の良い・悪いがあるため、それに合わせて変化します。
日本では一般的で良しとされている謙虚や遠慮などが、アメリカではあまり良い物として見られないことが例に挙げられます。

 

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

メラビアンの法則とは、

 

皆さんはどれくらいの時間で第一印象を決めますか。

第一印象で全てが決まる!

平均10秒で決まるとも言われている第一印象。

その第一印象が悪いものだとその印象を覆すのは容易ではありません。

アメリカのアルバート・メラビアンが唱えたメラビアンの法則は、第一印象を何で決めるのかという研究結果です。

まず大半を占めるのは「外見」。

髪型、メイク、目線、姿勢などなど。

目から入る情報が第一印象につながっているのです。

次に「声、話し方」です。その場に合った声の大きさか話し方か、敬語は適切に使えているのか、など耳から入る情報です。

そして最後は「話の内容」です。

 

特にヒジネスの場では、この第一印象がその後の取引に大きく影響する可能性が高く、とても重要です。

もう一度ご自身が相手に与えている印象を確認してみましょう。

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

マズローの五段階欲求とは、

 

アメリカの心理学者アブラハム・マズローが提唱した人間の欲求はピラミッドのように五段階で構成されており、低階層の欲求が満たされるとより高度な階層の欲求を欲するという説です。

多くの方が学生時代に社会や家庭科などで一度は聞いたことがあると思います。

これらの欲求はそれぞれ低い階層から

  1. 階層生理的欲求(睡眠・食事)
  2. 階層安全欲求(健康・住居)
  3. 階層社会的欲求(集団に属する・仲間を欲する)
  4. 階層承認欲求(認められたい・尊敬をされたい)
  5. 階層自己実現欲求(自己の可能性の最大限の発揮・創造性の発揮)

 

となっていて人間は最高層である自己実現に向かって成長をしていくものとされています。

このマズローの説は教育学、経営学に大きな影響を与えていて特に経営学ではモチベーション論、リーダーシップ論、マーケティング論などに応用されています。

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

ブレインストーミングとは、

 

ブレインストーミングの主旨とは何か?

ブレインストーミングとは、5人前後の複数の人間により会議を行って、斬新なアイデアを生み出そうとする発想技法のことです。

ブレインストーミングを行うに際しては、重要なルールが4つあります。

 

  1. まずはアイデアを矢継ぎ早に出すようにし、出た意見をその都度批判したり結論付けることはしない。
  2. 奇抜で斬新なアイデアを重視し、実用性や現実性をその場で考えるようなことはしない。
  3. アイデアは、質よりも量を重視し、とにかく大量にアイデアを出すことに努める。
  4. それぞれのアイデアを組み合わせたり組み替えたりして、異なる意見の融合を試みる。

 

ブレインストーミングの目指すものは、多人数の異なる視点から見た考えをそれぞれが提示し、それらの融合を図って、一人では考え付かない奇想天外なアイデアに結実させることにあります。大量発想の中から一つの珠玉のアイデアを生み出すのが、この技法の主旨です。

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

リーダーシップとは、

 

現代社会で求められるリーダーシップ リーダーシップとは、ある会社の社長・組織の代表をはじめ、小中規模のグループの中心人物などに求められる能力のうちの一つです。

出世の基準や求人情報などにおいてリーダーシップが求められることが多々あります。

心理学における定義は、複数の人間が目標を達成するための集団活動に対して影響をもたらす過程とされています。

リーダーシップは、目標やビジョンをはっきりさせること・タスクや権限などを委譲して働きやすい雰囲気および環境を部下に与えることに加え、精神・物理・組織的な面からのサポートを行い、部下が出した成果に対しての評価と記章などを与えることを本質としています。

 

様々な説や意見がありますが、基本的にはこの4つのポイントに集約することができます。

ファシリテーター ファシリテーターの役割 ファシリテーターとは、会議における議長や司会の役割を果たしつつ、それだけではなく、会議参加者の発言を促したり、発言の順序の交通整理をしたり、提起された意見をまとめながら方向付けを行い、必要に応じて考えるヒントを出したりもして、ファシリテーター自身も積極的に発言して会議に強く関与し、その会議を白熱した有意義なものにする役割も負います。ファシリテーターは、その会議全体を通し、優れた意見の引き出しや協調形成を目指しながら、全員の合意を取り付けつつ優れた結論を引き出すよう努めます。

限られた会議の時間を有効活用できるようコントロールし、質の高い意見を数多く引き出すことに留意して会議内容を充実した意味のあるものとし、最終的にその会議の目的を達成できるよう誘導する役割を果すことになります。

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

チームビルディング とは、

 

「ひとりじゃない!チームビルディングでみんなで味わう達成感」

チームビルディングとは、個々が協力し合って共通の目標に向かってチャレンジできる組織をつくるための取り組みです。

近年では社内研修に採り入れている企業も多くなりました。チームに分かれてゲーム式の課題に取り組むことにより、ひとりではできないことをチームのメンバー全員で考え、協力し合うことで、仲間との一体感や達成感を味わうことができます。

チームビルディングの研修後には、上司や部下の間の壁が薄くなったり、仲間への信頼感が増したことによって以前よりコミュニケーションが活発になり、仕事がスムーズに進むようになるなどの効果が得られます。また、チームビルディングで共有した達成感を仕事の場でも感じられるようにと、仕事に対するモチベーションが上がるようになります。

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

ティーチング とは、

ティーチングとは何かしらの答えをもっている側が、それを持っていない側に適切な方法を教えること。
部下、特に社会人経験が全くない学生に対して指導する場合はティーチングが有効です。
経験豊富な上司が経験の少ない社員に教える際にはティーチングのメソッドが活きます。

ティーチングの教育メソッドを行う際に注意するべきことは、ただ上司は命令するだけでなく接する相手に対してその命令の根底にどういった背景や目的があるかを明らかにすることです。そうすることで社員はただ命令をこなすのではなく、自主性を持って仕事をするようになります。
教えている対象が持っている人やビジネスパーソンとしてのポテンシャルを引き出そうとすることが重要なのです。

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)