月額11万円で御社独自のオリジナル研修ができる!資料ダウンロードはこちら

新入社員研修の費用相場と人材教育に活用できる助成金を紹介

企業にとって、新しく入社した新人の育成は非常に重要です。

新入社員研修 費用 相場

産労総合研究所の「2019年度(第43回)教育研修費用の実態調査」によれば、企業の95.7%が新入社員の教育をおこなっていることがわかっています。

新入社員研修をおこなうにあたり、気になるのが予算ではないでしょうか?新入社員研修には、研修費用のほかにも会場費・備品代などさまざまな費用がかかります。予算オーバーなど、想定外のコストが発生してしまうことのないよう、あらかじめ漏れのないよう計算しておくようにしましょう。

 

この記事では、新入社員研修にかかる費用相場や新入社員研修に活用できる助成金などについて詳しく解説していきます。

メニュー

なぜ新入社員研修が必要なのか

新入社員研修 費用 相場

なぜ、数多くの企業が新入社員研修を積極的におこなっているのでしょうか?

その主な理由が以下になります。

  • マインドセット(学生から社会人へ意識を変える)
  • 仕事への意識や向き合い方を身につける
  • 社会人としてのビジネスマナー・最低限のスキルを習得する

新入社員研修で最も重要とされているのが、マインドセットです。学生から社会人へと意識を変えることで、これからビジネスパーソンとして社会で活躍していくための土台を作ります。

仕事への意識や向き合い方も大切です。学生時代は学校に行けば講義を受けられましたが、会社では主体的に行動することが求められます。

また、最低限のスキルやビジネスマナーは業種や職種を問わず、社会人であれば必ず身につけておくべきものです。新入社員研修は、これらをスムーズに教えられる機会なのです。

新入社員研修の主な内容

新入社員研修 費用 相場

より効果的な新入社員研修をおこなうためには、何をどのタイミングで教えるかが重要です。自社に必要な研修内容や研修期間に合わせ、カリキュラムの内容を具体的なものにしていきましょう。

新入社員研修で実施されるカリキュラム・プログラムにはさまざまなものがあります。そのなかでもよく導入されるのが、下記の6つです。

  1. Off-JT
  2. OJT
  3. グループワーク
  4. ロールプレイ
  5. レクリエーション
  6. ケーススタディー

多くの企業で実施されているのがOff-JT(通常業務から一時的に離れて実施する研修)と
OJT(実際の仕事に取り組みながらおこなう研修)を組み合わせた新入社員研修です。

OJTは自社の社員を講師とする内製型が主流ですが、
Off-JTに関しては自社でカリキュラムを制作するとなると大きなコスト・負担がかかります。

講師役を務める社員の配置の人件費や、コア業務に集中できないなど損失が大きくなってしまう可能性もあるため、
Off-JTは外部へのアウトソーシングがおすすめです。

なお、新入社員研修後には研修内容の振り返りをおこないましょう。

新入社員研修レポート(研修報告書)を作成すれば、今後の新入社員研修に活かすことができます。
新入社員研修レポートには講師側が書く「研修実施報告書」と、
新入社員側が書く「研修受講報告書」
の2パターンがあります。

詳しい書き方やポイントについては下記の記事でご紹介していますので、よろしければこちらもご確認ください。
新入社員研修レポートの講師側・受講者側2種類の書き方とポイント

教育研修費用の平均は1人あたり4万円前後

新入社員研修 費用 相場

新入社員研修の費用相場を知る前に、まずは教育研修費用の平均を知っておきましょう。

冒頭でもご紹介の産労総合研究所が実施した調査によれば、
社員1人あたりの教育研修費用は39,841円(2019年度予算額)でした。

前年の2018年度予算額は40,297円であったため、4万円前後が平均的な金額といえるでしょう。

新入社員研修の費用相場

新入社員研修 費用 相場

新入社員研修にかかる費用は、大きく分けると2つあります。

  1. 研修費
  2. 会場費その他経費

1つめは、新入社員研修そのものにかかる費用です。
個人事業主の講師に依頼する方法や、法人の研修会社に依頼する方法があります。
費用は研修の内容によっても変わり、専門性が高いほど高額になります。

2つめは、新入社員研修実施のためにレンタルする会場や設備などにかかる費用です。
また、泊まり込みでおこなう研修の場合は食事代や宿泊費などもかかります。

研修費用
個人事業主の講師への依頼6万円~12万円ほど
法人への依頼半日:10万円~15万円ほど全日:15万円〜30万円ほど
会場費・その他経費
会場費(小規模)1万5千円〜5万円ほど
会場費 (中規模~大規模)12万円~80万円ほど
備品レンタル費用5万円~15万円ほど
食事・宿泊代食事:弁当であれば1人600円〜1,000円ほど宿泊:1泊2日で13,000円〜18,000円ほど

下記では「研修費」と「会場費・その他経費」について、それぞれ詳しくご紹介します。

研修費

個人事業主の講師は、限られた予算内で柔軟に対応可能な場合が多いことが特徴です。

研修内容は講師の得意分野によって違いもありますが、
基本的にはビジネスマナーや基本的なスキルなどが中心となるでしょう。

費用は半日(3〜4時間ほど)で約10万円〜20万円が相場です。

研修サービスを提供する法人による研修は、技術研修、OJTやロールプレイによる営業研修など、
すぐに業務に活かせる専門的な内容が多いことが特徴です。

また、コンサルティング契約を結ぶことで採用や人事労務に関するサポートを受けることもできます。

費用は半日(3〜4時間ほど)で約15万円〜20万円、全日(6時間ほど)で約20万円〜30万円が相場です。

なお、費用はあくまで目安となります。

講師や研修サービスを提供する法人によっても違いがあり、受講人数や研修期間でも変わってくるため、
まずは自社に必要な新入社員研修カリキュラムの内容を考えてから費用を比較するといいでしょう。

会場費・その他経費

自社に研修施設がない場合は、受講者人数に合わせた規模の会場を借りる必要があり、会場費がかかります。

そのほか、研修に必要なスクリーン、プロジェクター、音響設備、ホワイトボードなどの
レンタル費用も計算しておきましょう。

ホテルなどを貸し切って大規模な新入社員研修をおこなう場合は食事代・宿泊費なども発生します。

近年では、研修時の情報漏えい防止のために1棟貸しのプランを提供するホテルなども増えてきました。
このようなプランを利用すれば、予算を抑えられるケースもあります。

新入社員研修で活用できる「人材開発支援助成金」

新入社員研修 費用 助成金

厚生労働省は社員のスキルアップやキャリア開発のための助成金制度を設けており、
新入社員研修では「人材開発支援助成金」が活用できます。

人材開発支援助成金には、下記の4つのコースがあります。

  • 特定訓練コース
  • 一般訓練コース
  • キャリア形成支援
  • 職業能力検定制度導入コース

人材開発支援助成金は正社員に対する職業能力開発支援の実施が対象となり、
そのほかにも受給にはさまざまな要件があるため、事前に確認しておきましょう。

なお、助成金を申請する際には信頼できる社労士などに相談し、内容をきちんと理解したうえで導入することが大切です。

まとめ

新入社員研修の予算計画を立てる際に漏れがあると、カリキュラム内容を妥協しなくてはならなくなってしまったり、思わぬコストがかかってしまったりすることがあります。あらかじめ細かな経費についてもしっかりと計上しておきましょう。

新入社員研修の費用や料金体系、研修メニューは多種多様です。費用ももちろん大切ですが、自社の事業にフィットした新入社員研修プログラムを作り上げることが何よりも重要です。

パッケージ化された研修では、企業が抱えるさまざまな課題に十分に対応できないケースもあります。

完全にフィットした新入社員研修をおこないたいという場合には、ガイアシステムの「オーダーメイド研修」がおすすめです。

企業ニーズを100%反映したオーダーメイドでプログラムを構築するため、自社事業とのずれが生じず、効果的な新人育成ができます。

まずはお気軽に資料ダウンロード・お問い合わせください。

資料請求・お問合せ

0120-117-450 受付 9:30~18:00(土日祝日除く) 

 

研修コンシェルジュが丁寧に対応させていただきます。
お気軽にお問合せくださいませ!

新入社員研修 費用 相場

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
メニュー
閉じる