月額11万円で御社独自のオリジナル研修ができる!資料ダウンロードはこちら

新入社員に見られがちな課題の具体例とおすすめの研修方法を紹介

新入社員研修 課題

新入社員の育成や研修を担当していると気になるのが、新入社員のその後の成長です。

やる気いっぱいで入社してきた新入社員でも、慣れない社会人生活でわからないこと、
悩み、疲れ、思ったように成長できないもどかしさなど、さまざまな原因から落ち込んでしまいがちな時期があります。

「頑張っているのにどうしてできないんだろう?」
「自分だけできないのはダメな人間だからなのかもしれない」など、
自分に自信を無くし、仕事へのモチベーションが低下してしまうと、悪循環に陥ってしまうことも。

新人として入社した後の1年間は、今後の社会人生活の土台を作ることになる大切な時間です。新入社員が抱える課題に合わせて適切な研修や指導をおこない、成長をフォローしましょう。

 

この記事では、新入社員に見られがちな課題の具体例と、それに合わせたおすすめの研修方法をご紹介します。

メニュー

新入社員に見られがちな課題の具体例とおすすめの研修方法

新入社員 課題

新入社員一人ひとり、悩みやつまずいてしまっているポイントは異なり、仕事内容や上司・先輩など環境によっても違いが生じます。

新入社員がどんな課題を抱えているかをチェックし、解決につながる研修を実施することが重要です。

ビジネスマナー研修

<新入社員に見られがちな課題

・いつまでも正しい敬語が身につかず、学生言葉が抜けない社会人に相応しい電話
・メールの言葉遣いが身についていない

新入社員に上記のような課題がある場合は、ビジネスマナー研修がいいでしょう。

社会人としての最低限ビジネスマナーは、
お客様や取引先、同僚との信頼関係を築く際に欠かすことができない大切なものです。

まずはビジネスマナーの必要性を理解してもらい、敬語の使い方・電話応対・話の聴き方など
社内社外におけるコミュニケーションに適した基礎的なビジネスマナーを習得させます。

また、なかには「新人に教育するためにビジネスマナーを学び直したい」と、
新入社員教育をおこなう先輩社員・研修担当者がビジネスマナー研修を受けるケースもあります。

⇒「ビジネスマナー研修」の詳しい研修内容や目的・効果についてはこちらから

マインドセット研修

新入社員に見られがちな課題

・否定されることを恐れて積極的な発言ができない
・少し指摘しただけで落ち込んでしまう

会議でなかなか発言できず、黙り込んでいることが多い
・言われたことはこなすものの、自発的に行動しようとしない

「これからは社会人として頑張ろう!」そう思っても、
実際に社会の厳しさに身を置いてみると、決意や自信が揺らいでしまうこともあります。

マインドセットとは、簡単にいうと学生から社会人へ意識を切り替えることです。

「どうして自分は仕事をするのか」という目的を明確にすることで主体性を高め、
他に責任を負わせる他責思考から自分に責任を求める自責思考へと切り替えていくことで、社会人としての責任感と自覚を持たせます。

また、モチベーションを保ち続けるためには自分を知ることが大切です。
自己分析の手法や、今後の目標設定についても教育します。

⇒「マインドセット研修」の詳しい研修内容や目的・効果についてはこちらから

モチベーション向上研修

新入社員に見られがちな課題

・仕事はこなしているものの、やる気が見られない楽しくない様子
仕事にやりがいを感じていないように見える
・仕事に慣れたことでマンネリ化している

場合によっては、早い段階で仕事に慣れてしまいマンネリ化してしまっていたり、
仕事はこなしているものの楽しそうな様子が見られなかったりするケースもあるでしょう。

生きていくためには欠かせない「仕事をしてお金を稼ぐ」ということを、
義務のように感じている新入社員も中には存在します。

しかし、「習慣」や「ものごとの捉え方」を変えれば、単に義務のようにこなすのではなく、
やりがいや生きがいを感じながら仕事に励むことができるようになります。

⇒「モチベーション向上研修」の詳しい研修内容や目的・効果についてはこちらから

コミュニケーションスキルアップ研修

新入社員に見られがちな課題

新入社員に見られがちな課題>

・先輩や上司、関係者と積極的に会話しようとしない
・話の内容がわかりづらく、何を伝えたいのかはっきりしない
・コミュニケーションをとるのが苦手

コミュニケーションスキルは、お客様や取引先とのやり取りはもちろん、
同僚や先輩社員、上司と良好な関係を築き、スムーズに仕事を進めていくうえで欠かせないものです。

心に寄り添いしっかりと話しに耳を傾けることは、相手の本音を理解することにつながり、
信頼関係を築く第一歩となります。

コミュニケーションで最も大切な「聞き方」、
そして、自分が伝えたいことを正しく相手に届けるための「伝え方」の手法を習得するための研修です。

⇒「コミュニケーションスキルアップ研修」の詳しい研修内容や目的・効果についてはこちらから

タイムマネジメント研修

新入社員に見られがちな課題>

・仕事を段取り通りに進めることができない
・時間の管理ができず、納期や約束に間に合わない

近年では、ワーク・ライフ・バランス推進の影響で、労働時間は短縮傾向にあります。
限られた時間のなかでどのようにすれば生産性を高めることができるか、考えて仕事をしなければなりません。

時間管理が上手くいかないのは「思考スタイル」「コミュニケーションのとり方」が原因です。

業務効率・生産性を向上させる具体的な手法を学び、今後に活かすことができれば新入社員の自信にもつながります。

⇒「タイムマネジメント研修」の詳しい研修内容や目的・効果についてはこちらから

育成力の強化

新入社員に見られがちな課題>

・上司や先輩との間に壁があり、悩みなどを相談できない
・新人研修を担当する先輩社員とあまり関われていない
・仕事はこなしているが、元気がなさそうに見える

新入社員が抱える課題をなかなか解決できない場合は、
人材育成をおこなう講師となる先輩社員の育成力を強化するのも効果的です。

新入社員の成長には「明確な理由」と「効果的な指導方法」が存在します。

教育担当者の方の多くは、自分の新人時代を思い出しながら必死に指導をおこないますが、
新人教育用のノウハウが整理されていないと思っていたような効果は望めません。

新入社員と接する機会の多い教育担当者の育成力を強化することで、
離職率の低下・定着率アップ・早期戦力化につながります。

⇒「育成力の強化(OJTトレーナー育成研修)」の詳しい研修内容や目的・効果についてはこちらから

新入社員研修の見直しをしたほうがいいケースも

新入社員 課題

新入社員研修を自社でおこなうことには、
「教育を担当する社員の人材育成スキルが上がる」
「外部委託に比べてコストを抑えられる」というメリットがありますが、
デメリットもあります。

  • 教育内容や教え方にばらつきが生じることがある
  • 効果的な新入社員研修カリキュラムになっていない可能性がある
  • 教育を担当する社員の負担が大きくなり、本来の業務に影響する恐れがある

新入社員研修そのものの見直しや、外部への委託をお考えでしたら、
ガイアシステムがご提供する「オーダーメイド研修」がおすすめです。

企業は一社一社、悩みや課題が異なるため、型にはまった研修では効果的な指導をおこなうことができません。

「オーダーメイド研修」では、企業ニーズを100%反映したオーダーメイドで研修カリキュラムを作成します。
そのため自社事業とのずれが起こらず、完全にフィットした効果の高い研修が実現できます。

新入社員の抱える題解決だけではなく、
「即戦力にしたい」「入社当初からリーダーを意識した育成をしたい」という場合にもおすすめです。

⇒「オーダーメイド研修」の導入・実施の流れなど詳細はこちらから

まとめ

少子高齢化による働き手不足が大きな問題となっている昨今。
優秀な人材を確保するだけではなく、離職を防ぎながら企業の未来を担う人材へと育て上げていくことが求められています。

新入社員が抱える、一人ひとり異なる課題に合った研修によって適切なフォローをおこなうことで、
ビジョンを持ち、主体的に行動できる人材へ育成していくことができるでしょう。

ガイアシステムでは、オーダーメイド研修のほかにも定額制オンライン研修やコンサルティング、セミナーなども実施しております。

研修コンシェルジュが丁寧に対応させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問合せ

0120-117-450 受付 9:30~18:00(土日祝日除く) 

 

研修コンシェルジュが丁寧に対応させていただきます。
お気軽にお問合せくださいませ!

新入社員研修 課題

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
メニュー
閉じる