【他社事例】インターンシップを成功に導くポイントとは? 「企画・人選・ブランディング・チームビルディングについて」

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

「飲食店経営の企業」が初めてインターンシップを導入した事例を参考に「インターンシップを成功に導くポイント」をご紹介します。

Answer 藤野 祥子
企業研修トレーナーとして全国にクライアントを持ち、年間約100件以上の研修を実施している。
企業ニーズに合わせた人財の採用コンサルティング・研修の企画開発に携わる新卒採用のスペシャリスト。

目次

「飲食店」企業のインターンシップ事例紹介

【チーム結成】人事+他部署合同チーム

まず、他社と差別化を図るためにインターンシップ実施に向けた
「プロジェクトチームを結成する」ことからはじめました。

現場の社員を運営メンバーに加入することで、人事部だけでは発案できないような
アイディアや意見を「インターンシップ」に取り入れる為です。

特に、戦略的に人選を行ったのは、現場勤務の入社3~5年目の若手メンバーの選出です。
社内の若い力がインターンシップ/採用活動を行う上で、非常に大きなエネルギーとなりました。

また、チームに選出された若手メンバーにとっても、
学生と関わる機会・「発案・企画・運営する機会」は、働くモチベーションとなりました。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

チーム編成を行う際、若手メンバーがやる気になる、様々な仕掛けをしています。ただ、若手を加入させるだけでは、通常業務に加え、インターン関連の新たな業務が増えた…と、モチベーションが下がり、やる気を失う要員になりかねません。取り組み方には、十分な配慮と注意が必要です。

【テーマ設定とブランディング】

インターンを通して、学生に何を届けたいのか?
いかに印象的に会社の「魅力」を届けることができるか?

チームで何度も話し合い、真剣に考え抜きました。

最終的に決まったインターンシップ企画のテーマ設定は、
「プロのサービスとは、何か?-20%の大人しか知らない人生の楽しみ方 - 」となりました。

飲食店を営む企業として
「プロのサービスを学生に届けたい。私たちの仕事への本気さ、情熱を届けよう。」という、
唯一無二の企画となりました。

そこから常に感じられたのは、「現場力=会社の魅力」という強い想いです。
そういうことは、必ず学生さんにも届きます。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

そのテーマ設定に合わせ、学生に響く「インターンシップ名」を決定し
インターンの「ブランディング化」を行います。

【開催期間】

この企画は、学生とのより親密な交流を行うことを目的に、
1泊2日という合宿で設計しました。

インターンシップを合宿形式で行うという判断も、
人事部だけのマンパワーでは、開催は難しかったと感じています。

プロジェクトチームの特に若手メンバーの意欲や思いに支えられ実現することができた事例です。

【プログラム紹介】

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

紹介①
「20%の大人しか知らない人生の楽しみ方」 をレクチャーする、
この企業にしかできないプログラム!

「どうやって、かっこよく仕事をするのか?」
「美味しい肉の見分け方」
「素敵なレストランの選び方」といった飲食店だからこそ見分けられる
「20%の大人しか知らない人生の楽しみ方」 をレクチャーするプログラムを作りました。

学校でも、友人関係でも、通常の就職活動でも教えてもらえない、
学生が普段の生活の中では、知りえない…大人の世界です。(笑)

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

社内の「当たり前」は当たり前ではありません。
学生に感動を与え「ファン」にする、宝かもしれませんよ!


講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

紹介②
普段、社員のみなさんが現場で行う、
「プロの料理接客おもてなし」を学生に体感してもらうプログラム

今回、人事以外の部署メンバーもチームとして参加しています。

この普段、社員のみなさん達がお客様にしている
「プロの料理・接客・おもてなし」を学生に体感してもらうプログラムでは、
料理人・フロア担当者が、インターン企画に参加し存在感を見せつけてくれました。

厨房での料理人の姿、お客様(学生)をおもてなしするフロア担当の姿…
正直、担当した社員の方にとっては、日常の業務そのままです。

しかし、参加した学生は、いままで体験したことのない
プロの技術・接客、おもてなしを受け、素直に感動していました。

カッコいい社員の姿に触れ、「憧れ」を抱き、自分もこんな大人になりたい!と、
瞳が輝きだす瞬間がありました。

そうなると…もう、その学生さんは、その企業・その社員さんの虜ですよね。
唯一無二の「ファン」になってくれます。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

それに、出された「料理が美味しい!」と学生たちが感動していました。飲食店なんだから「あたりまえ」そう思われるかもしれません。
でも「あたりまえではない」のです。 商品力は、 企業努力の賜物であり、企業の魅力そのものです。たくさんPRしてください!


講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

紹介③
オリジナルの「人生ゲーム」

会社に入社後「どのようにキャリアアップするのか?」などを、
堅苦しいことなく、楽しく会社を知ってほしいという、
プロジェクトチームのアイディアで、オリジナルの「人生ゲーム」を作りました。

「人生ゲーム」を活用し、
クイズ形式で「昇格できたり」「昇格できなくなったり」を学生に遊び感覚で理解してもらいました。

参加した学生たちが純粋に楽しんでゲームに参加している姿や、
盛り上がる雰囲気はとても印象的な時間でしたね。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

楽しむ学生さんの姿は、「採用」という視点でみても、
学生の「素の姿」を見ることができる貴重な機会になりました。

【業務量増加の対応策】

様々な施策(チーム結成・テーマ設定・ブランディング・集客・プログラム…)
とにかく大変そうな印象をお持ちの方も少なくないと思います。

通常業務に加えてインターンシップなんて…
業務量が多くなり、通常業務にも差し支えるのでは? と不安のお声をいただくこともあります。

特に、人事部以外から選出された社員は、現場での通常業務があります。
それに加えての業務となりますので、
業務量も増え、通常業務を行う際にも、連携・サポートが必要となることは、間違いありません。
人事部体制にもよりますが、周囲の理解、協力なしには難しいこともあるのが現実です。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

選出された社員だけでなく、
社内全体としてインターンシップを開催する上での理解を促し、
社内優先順位と機運を高めることも、成功に導く重要な要素となります。
社内理解へのアナウンス/調整と業務整理は、必須項目です。

それでも、心配…という場合もご安心ください。
私たちガイアシステムの「新卒採用コンサルティング」を活用ください。
企業の魅力を最高の形で学生に届けるインターンシップの設から、運営メンバーのチームビルディング、社内調整、学生の集客含め円滑に進むようサポート致します。

【社員教育の機会】

今回のお客様の事例でもそうなのですが、
インターン企画に運営で関わった若手メンバーの育成機会・成長機会となりました。

インターンシップ企画に関わった若手メンバーは
「自分で発案した企画を実現させる」機会に恵まれます。

また、学生(新人)に真剣に関わる機会・自社の魅力を届ける立場になることで、
自社のことをより深く理解しようと努めます。

その取り組みが「若手のリーダー教育」になるんですよね。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

インターンシップチーム結成の人選から、コンサルティングはスタートしています。採用活動を「新卒学生の採用だけ」で終わらせるのは、もったいないです。
若手社員の「最高の育成機会!」と捉えていただけると、嬉しいですね。

【自社の魅力が分からない…】

採用コンサルティングに入らせていただくと
「うちには、なにもないんでね…」
「普通の会社なんですよ…」と、お話される人事担当者の方が少なくありません。

でも、そんなことは、絶対ないんですよ。

尖った独自性なんていりません。
その企業が大切に培ってきた考え方、習慣。そういった文化を見つけてみてください。

「社内の当たり前」が、学生達にとっては、物凄く魅力的に映ります。
「え?そんなことでいいの?」と思われるようなことこそが、御社の最高の魅力です。
その魅力をピカピカに光らせて、リリースしてみてください。

貴社の「当たり前」が最大の「魅力」になります。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

今回ご紹介した事例ように、自分達にとって当たり前のことが、学生には「魅力」であり、「憧れ」となります 。
自社だけでは…見つけにくいという場合は、弊社にお任せください。
御社の魅力が、最高の形で学生に届くようプロデュース致します。

その企業に合う「最高の人材」を集め、未来を築くお手伝いを―

今回ご紹介した事例の「プロジェクト推進メンバー」は、
何もかもが初めての事だらけでした。

チーム内では意見が合わず、衝突も少なくありませんでした。
正直、このチームでインターンシップを成功に導くことの難しさ
感じたこともありました。

でも、最初から最後までチーム内に溢れていたのは
「学生に自社の魅力を届けたい、学生に素晴らしい体験をして欲しい。」というプロジェクトメンバーの本気さ、純粋な想いでした。

だからこその衝突であることも、チームの皆が理解していました。
実際、初めてのことでばかりで、社員のみなさんは大変なことも多かったと思います。

どんなに困難に感じることも、みなさん、諦めませんでしたし、
将来、共に働く仲間と出会うために真剣でした。

チームメンバーの中には、インターン終了時、学生さんと同じように、
感動し泣いている方もいました。

社員同士の絆が深まり「人生で忘れられない感動的な経験だった!」と喜んでいる方もいました。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

満足そうに帰宅する学生を見送る若手メンバーの姿には、私も胸が熱くなり感動でこみ上げてくるものがありました。
様々な困難を乗り越え、インターンシップを見事に成功させた時の、
社員の皆さんの達成感に満ちた笑顔は、忘れられません。

ガイアシステムの「新卒コンサルティングサービス」とは?

弊社の仕事は、運営に関わる社員のみなさんと共に、作り上げる、
その企業らしい唯一無二のインターンシップです。

そのために重要視しているのは、
「人事部のみなさんと想いを共にする本気の仲間・チームを作る」ことです。

社員のみなさんの前向きなエネルギーは、必ず学生さんの満足度に繋がり、
企業の魅力を最大限にお届ける要素となります。

新卒採用、インターンシップにおける様々な施策・戦略はありますが、
まずは、そこに全てをかけサポートさせていただいています。

講師:藤野のアイコン画像講師:藤野

私たちは、その会社の人事部の一員として、
企業の将来的な繁栄を一番に考え抜くことを信念
に取り組んでいます。

新卒採用コンサルティング・インターンシップ支援についても、お気軽にご相談ください。
専任コンサルタントが、丁寧に対応させていただきます!

研修の資料請求・お問合せ

0120-117-450

受付 9:30~18:00(土日祝日除く)
お気軽に、お問合せください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる