失敗しない!「研修会社」の選びのポイントとは!?

失敗しない研修選びのコツ

人材育成プランの研修を自社だけで、
全て実施するのは非常に難しいことです。

・社内に講師ができるスキルや実績を持った人材がいない
・忙しすぎて、年間の研修計画を考える時間が取れない…
 

こんなお悩みも耳にします。

研修実施を検討される際、研修の質・効率・定着率などを考え、
外部の研修業者の利用を検討されることになると思うのですが、世の中には様々な研修会社があります。

「なんとなく」で決めてしまうと、自社の人材育成方針から外れた研修をしてしまうリスクがあります。

 のアイコン画像 

研修効果を高めるために研修計画をする前に行うこと
研修業者の選び方のポイントを、研修を専門で取り扱っている弊社の視点でご紹介します。

目次

研修効果を高めるために「研修計画をする前」に行うこと

研修を計画する前に自社の課題を明らかにしよう

研修の外注を検討し研修会社を選定する前に、自社の課題を明らかにすることをおすすめします。
研修実施には、「解決したい課題」があるはずです。

例えば、
・営業部の提案力が弱い。
・管理職の部下指導がうまくいかない。といった営業力に関する課題がある場合、
その課題を解決する研修に強みを持つ研修会社を探し、選ぶことが得策です。

では…自社の課題を明らかにするにはどうすればよいのでしょうか?

トップと現場社員に、研修導入における「課題意識」を確認しよう

「研修で解決すべき課題」が明らかになれば、必要な「研修内容=教育」が明らかになります。
そこで、重要なのが、トップと現場の意向を確認することです。

トップと現場が「課題」と感じていることには、多かれ少なかれ違い・ズレがあります。

例えば、ある企業で班長クラスを強化したいから、
「リーダーシップ教育を導入しましょう」と役員が命じたことがありました。

しかし、現場社員の声をヒアリングをしてみると、
「リーダーシップ」ではなく、「コミュニケーション不足」に問題があることが、分かりました。

 のアイコン画像 

トップの「経営方針」を確認した上で、
人材育成方針と現場のニーズの双方を確認しておくことが研修教育導入においても重要になります。

今までの研修を振り返り、外部委託をする目的を明確にしよう

解決すべき課題が明らかになれば、
今までの研修を振り返り、なぜ研修業者に外部委託したいのか考えてみてください。

今まで自社で行ってきた社内研修や、
これまで契約していた外部研修でうまくいかなかった理由があるはずです。

その理由がはっきりしていれば、研修業者に求める事項が明らかになります。

例えば、「講義形式の研修で物足りない」「実践型」を希望している場合、
グループワーク形式やロールプレイング形式の研修を得意とする業者選定になります。

例えば、「ロジカルシンキング」など、社内講師では教えるのが難しい内容を希望されている場合、
その研修カリキュラムを得意とする研修業者を選ぶ必要があります。

 のアイコン画像 

でも…「ロジカルシンキング」ひとつとっても、そのカリキュラムを得意とする研修会社はたくさんあります。
では、どのようなポイントで比較し、決定すればいいのでしょうか。

研修業者を選ぶときに、失敗しない6つのポイント

カリキュラム、プログラムの内容を必ず確認する

自社に必要なカリキュラム、プログラムを提供しているかを確認しましょう。

研修業者の得意分野が判断基準になります。
得意分野と自社が解決したい課題がマッチしているかが重要です。

クライアントの課題を解決するのではなく、
研修を実施することが目的になっている研修業者は避けた方がいいでしょう。

今までの研修実績はどうか?確認する

今までの研修実績を確認してみましょう。
研修実施件数だけでなく、
利用企業やユーザーの声が掲載されていると、実績の信頼度も高でしょう。

 のアイコン画像 

注目すべきは、どのような会社が利用しているのかです。同規模の同業他社が導入している場合、ニーズに合っていることが多いです。

同規模の同業他社であれば、同じような課題を抱えていることが多いためです。

予算内の費用で、どれだけ「カスタマイズ」できるか

研修計画の中で、費用は非常に重要です。
高いからいいとは限りませんし、非常に安いからいいかというと、そうでもありません。

研修会社によって費用設定は様々ですが、
受講生数、研修時間時間で費用が決まることが一般的です。

研修を選定する際、プログラム内容が同じであれば、より安く対応してくれる企業・講師を選びたいですよね。

 のアイコン画像 

安すぎる研修プラン・プログラムですと、
自社の方針にあうようなカスタマイズができない・融通が利かないなどのデメリットがある場合もあります。

研修導入における課題解決を目指すためにも、予算内にできるだけ自社の方針に合った内容にカスタマイズできる研修会社を選択することをお勧めします。

他社事例:眠気を誘う研修…

ある企業では新入社員教育で「社会人の心構え」をずっと同じ外部講師にお願いしていました。
古くから付き合いのある講師で、非常に安価だったので、なかなか変えられなかったのです。

しかし、新入社員アンケート結果を見ると、非常に満足度が低い。「眠気を誘う」というコメントまでも…。よくよく講師と話をしてみると10年以上同じ内容で研修をしていたようです。

外部講師に、「時代に合った内容を研修講義してほしい」と要望しても変わらず…。

そこで、要望を汲んでくれる研修会社に思い切って変更したところ、
費用は上りましたが、「今」の新入社員の心に響く研修ができ、求める人材教育の1歩を踏み出すことができた!という声もあります。

 講師の質はどうか

やはり、講師の質も重要です。

研修会社によっては、HPで講師を公開しているところもあるので確認してみましょう。
複数の講師の中から、自社に合う講師を選べると研修効果が高まります。

自社の業界に精通している講師であれば、なお理想的です。

あるメーカーで同じ内容の研修を行ったとき、
高学歴で講師一筋のA講師よりも、
メーカーでの勤務経験があるB講師が研修をしたほうが、
受講者のニーズをより的確にとらえることができ、納得感・満足度が高かったという
事例もありました。

実施形式はどうか?

研修会社によって、講師派遣タイプ、外部会場での集合研修タイプ、
オンライン研修(録画型・ライブタイプ)と、実施形式は様々です。

参加人数が少人数の場合、他社と合同(異業種)で実施したい。というニーズを受けることもあります。
自社のニーズに合った実施形式を選択できる研修企業を、ぜひ、探してみてください。

研修に伴う、「付随サービス」はどうか?

研修に伴う「付随サービス」も実は、非常に重要です。
例えば、研修終了後のアンケートやアフターフォローです。

アンケート結果をまとめる作業など、アンケートの集計作業は地味に大変ですよね。
研修業者が代行してくれると、人事は他の業務に集中できます。

更に、受講生の満足度を調査するだけでなく、
理解度を測り、今度のフォロープログラムの提案があると、より研修効果を高められます。

また、機材の提供があるかも確認しましょう。
人事の手間を省きたいのであれば、プロジェクターやホワイトボードの手配等もしてくれる
研修企業ですと、より便利なのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、研修を計画する前にすることと、研修会社の選び方について紹介しました。
一番重要なのは、どれだけ目的に合った研修を実施してくれるかです。

ぜひ、限られた時間と予算の中で最大限効果を得る研修をするために、
自社の課題を明らかにし、自社向けにカスタマイズできる研修企業を選んでみてください。


研修の資料請求・お問合せ

0120-117-450

受付 9:30~18:00(土日祝日除く)
お気軽に、お問合せください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる