リーダーの資質とは|稲盛和夫さんに学ぶ

リーダー資質とは

今、社会に求められる「リーダーシップ」「リーダー性」「リーダー…」
リーダーの「資質」とは、なんでしょうか。 なにが重要視されるのでしょうか。
今回は、稲盛和夫さんの書籍・講演内容から考察していきます。

contents

リーダーとは|コミュニティの未来を創る存在

社会の中には、小さなボランティア団体から、大きな国家に至るまで、多様なコミュニティがあります。
そのどのコミュニティにも、必ずそれを率いる、中心的な人物がいます。
この中心人物をリーダーと呼びます。

そしてコミュニティの未来は、そのリーダーによって左右されると言っても、過言ではありません。

これは、経営でも、学校でも、地域活動でも、被災地の災害支援に入ってもそうなのです。

リーダーの「資質」とは


京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者であり、「盛和塾」塾長でもある稲盛和夫さんは、
中国の思想家の呂新吾の著書「呻吟語(しんぎんご)」を引用してお話をされることがあります。

その「呻吟語」には、
「リーダーとして最も重要な資質は、常に物事を深く考える、重厚な性格だ」
記されているそうです。

「常に物事を深く考える、重厚な性格一言でいえば、「人格」です。

また、その本の中には、「頭が良くて、才能があって、弁舌が立つ」こと。
いわば能力があることは、リーダーを選ぶときの、3番目の資質でしかないと、
書かれているそうです。

「仕事ができるというのは、3番目なのだ」と。

そして、このように続きます。

「今、社会も学校も、場合によっては家庭も、そして地域も、国も…世の中が荒廃しています。
 この理由の1つに、3番目の資質の人を、リーダーにしているからではないか」と。

要するに「その人物がリーダーになりたいと思い、リーダーを担っているのではなく…
我々自身が第3の資質の人物ををリーダーに選んでいることこそが、課題なのではないか」
と。

書籍では、そういう表現をされていました。

稲盛和夫さんの言葉「リーダーを選ぶという責任」に、改めてハッとします。

リーダーの資質で、最も重要な「人格」とは

また、リーダーの資質として最も重要な「人格」とは。という問いには、
書籍の中で「変わっていくものだ」と書かれていました。

今は、素晴らしい人でも、例えば、一度権力の座につくと、傲慢になるとか、
人の気持ちが分からなくなるということもある。

逆に、一度身を誤った人でも、例えば何か不徳の事態をしたとか、もっと言えば、犯罪に手を染めた人であっても、
心を入れ替え、研鑽と努力を重ねれば、素晴らしい人格者になり得ると。

今、何を基準に「リーダー」を選べばいいのか

さて。今、私たちは、何を基準にリーダーを選べばいいのでしょうか。

その基準は「ひたむきに仕事、もしくは自分の役割に打ち込み、
それを実践しながら、考え方を高め続けている人ではないか。

今は、リーダーとしての器、あるいは、資質がなくとも、それに向かって努力をしている人。
そういう人こそ、リーダーとして選ぶ必要が、あるのではないか。」
と、ありました。

言い換えれば、コミュニティや周りの人たちのために、自己犠牲を厭わず、懸命に仕事をする人。
そういう人であろう。ということなのでは、ないでしょうか。

考え方を高めるという意味では、日々少しずつ、そういうことを意識して取り組むとか、
仕事を通して成長する実践をし続け、自己投資できる人。

様々なバランスの中で「意欲的に自己成長に取り組む人が、将来のリーダーではないか」ということです。

何を経験し、何を目指し、どう日々生きてきたか。が、未来を作る

来月には、東日本大震災から10年になります。
あの震災時、少年少女だった小学生たちが、大学を卒業し、社会人になります。
そういう長い時間が経っています。

何を経験し、何を目指し、どう日々生きてきたかということが、未来を作るのです。

そのためには、やはり、1日1日が大事なのだなと、稲盛さんの書籍を読みなおし、改めて思いました。
コロナ禍の厳しい情勢・状況の中、日々どのように仕事に向き合い、取り組んでいくか。
手応え、成果を、どう掴んでいくかということにも、通ずる考えだと思います。

日々の仕事、生き方、考え方を高める為の学びの時間もしっかりと取りながら、
1日1日を大切に、頑張っていきましょう。

資料請求・お問合せ

0120-117-450 受付 9:30~18:00(土日祝日除く) 

 のアイコン画像 

研修コンシェルジュが丁寧に対応させていただきます。
お気軽にお問合せくださいませ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる