オンライン研修のメリット・デメリットとオススメのサービスを紹介

オンライン研修 メリット・デメリット

新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、企業ではさまざまなリスクの回避を目的とした働き方改革や、
業務のオンライン化が盛んになってきています。

最近では、テレワークやWEB会議システムの導入がスタンダードになりましたが、
新入社員研修や社員育成においても「オンラインで実施できないものか?」と考える方が増えています。

 

社員研修のオンライン化を考えているご担当者様に、オンライン研修のメリット・デメリットをご説明した上で、オンライン研修のオススメのサービスをご紹介していきます。

contents

オンライン研修とは?

社員研修は主に、新卒採用社員・中途採用社員を対象とした「新入社員研修」、
そして社員のスキルアップを目的とした「スキルアップ研修」に分けられます。

会社理念や将来の目標を従業員に浸透させ、能動的に業務に取り組んでもらうためには、
高い質の研修を行わなければなりません。

しかし、社内の教育担当者のリソース不足や、
ソーシャルディスタンスに配慮した研修が上手くいかないなどの課題もあり、
社員研修の効率化を図りたいと考える企業が増えているのが現状です。

そのような課題の解決策となるのが、
ネット環境とデバイスさえあれば、どこからでも参加できる「オンライン研修」です。

WEB会議システムなどのITツールを活用したオンライン研修は、
主に「個別参加型」と「多拠点参加型」の2種類に分けられます。

個別参加型

個別参加型のオンライン研修は、出社していない社員でも自宅のPC・スマホからそれぞれ個別で参加できる形式です。

各々、使用するデバイスでマイクやカメラの設定が必要になりますが、
ネット環境とデバイスさえ整えばどこからでも参加できる柔軟性があります。

多拠点参加型

多拠点参加型のオンライン研修は、
複数名の受講者が特定の拠点に集まり、全員で一つのモニターを見ながら参加する形式です。

研修中のグループワークやディスカッションなどを想定した形式で、
講師が画面越しに登壇して集合研修のように進行します。

オンライン研修のメリット

オンライン研修は、今やIT企業をはじめとした多種多様な企業が導入しています。

集合研修ではなく、敢えてオンライン研修を実施するメリットはどのようなものかをご説明していきます。

集合研修のあらゆるコストを削減できる

本社の会議室に集まるような集合研修とは違い、オンライン研修は場所を選びません。

例えば、新入社員研修で活用する場合、社員は本社に足を運ばずに自宅からオンライン研修に参加できるため、
交通費や宿泊費、会場費が発生しなくなります。

本来かかるはずだった移動時間をそのまま業務にあてられるため、社員の業務効率化にも繋がります。

研修に必要な資料もコストがかかる紙類ではなくデータで共有できるため、あらゆるコストの削減が実現します。

研修・教育担当者の業務工数を削減できる

社内研修の担当者は、会場や宿泊場所の手配に加えて、研修の進行に必要なさまざまな準備をしなければなりません。

オンライン研修を導入することで、本来必要だった研修の準備や進行にかかる業務工数が削減され、
研修・教育担当者のリソース不足の問題も解決に繋がります。

新型コロナウイルスの感染対策ができる

コロナ禍では人と接触する業務はできるだけオンライン化し、万全な感染予防対策をしたいところです。

オンライン研修の導入は、まさにコロナ対策にはうってつけの手段であり、
個別参加型のオンライン研修であれば、受講者の感染のリスクはゼロとなります。

オンラインならではのコミュニケーションを図れる

新入社員研修の際、大勢の前で挙手して意見を述べたり、
講師に個別に質問をしたりすることが苦手な人も少なくありません。

画面を通して参加するオンライン研修であれば、新入社員の緊張もほぐれ、
集合研修よりも講師へ質問しやすくなります。

また、オンライン研修ツールの個別チャット機能を利用すれば、
講師と社員の間で個別のやりとりができますので、大勢の前では質問しづらいことも気軽に質問して解決できます。

オンライン研修ならではのコミュニケーションを図れるため、社員育成の質を高めることができます。

オンライン研修のデメリット

オンライン研修を導入する際は、メリットだけではなくデメリットもしっかりと理解しておかなければなりません。

具体的にどのようなデメリットが挙げられるのか、詳しくご説明していきます。

社員それぞれが受講環境を整える必要がある

オンライン研修を導入するにあたり、懸念されるのが社員それぞれの受講環境です。

最低限のネットワーク環境を整えた上で、社員一人ひとりがPCやマイク、
カメラといった機器を揃える必要があります。

社員の自前のPCはあっても、WEB会議システムを利用できるとは限りません。

環境を整えられない社員に対しては、
レンタル機器を準備して初期設定を行うなどのサポートが必要になるため、
多くの従業員を抱える企業では予想以上のコストが発生する可能性もあると考えておきましょう。

グループワークやディスカッションにやりづらさを感じる

複数名が参加するオンライン研修の場合、
グループワークやディスカッションの際に誰が発言したか分かりづらかったり、
通常の会話よりも聞き取りづらかったりする
ことがあります。

また、画面を通したグループワークやディスカッションでは参加者の顔色が読みづらく、
リアクションも把握しづらいという声もあります。

オンラインならではの難しさがあることを十分に理解し、
受講者のフィードバックを通して改善する努力が必要となります。

オススメのオンライン研修ツール

社員研修におけるさまざまなコスト削減、業務効率化を実現するオンライン研修は、ポストコロナ時代において積極的に導入すべき働き方改革の一つといえます。

オンライン研修の導入を検討されている皆さんにご紹介したいのが、定額制オンライン研修サービスの「ナレキャン」です。

社員に合わせて研修カリキュラムを自由にカスタマイズ

新入社員から中堅・管理職の社員まで、役職や階級に合わせた豊富なカリキュラムが用意されています。

新入社員に必要な基本ビジネススキルや対人関係能力を伸ばすカリキュラム、
次世代リーダーの育成に役立つチームビルディングやリーダーシップのカリキュラムなどを、
自由にカスタマイズして貴社独自のオンライン研修を構築できます。

「ただ聞くだけ」「ただ居るだけ」という形骸化されたオンライン研修ではなく、
社員それぞれが必要としているスキルをしっかりと伸ばせるオンライン研修が実現します。

ライブ型のオンライン研修とトレーナーによる個別指導研修

講師がオンタイムで登壇するライブ型オンライン研修は、
受講者と講師がリアルタイムでコミュニケーションを図ることができます。

また、育成したい社員に対して、研修講師との1on1ミーティングや個別指導研修も実施できます。

1社独占型のサービスのため、企業の都合に合わせた最適な研修日程を設定できる柔軟性も備わっています。

初期費用0円・月々10万円の定額制で導入サポートつき

ナレキャンは、初期費用0円・月々定額制で受けられるオンライン研修サービスです。

1回あたりの受講人数は最大95名となっており、月に2回、それぞれ120分の講義が実施されます。

オンライン研修を初めて導入される企業も安心の、経験豊富な専任コンサルタントの導入サポートもついています。
事前に研修ニーズのヒアリングが行われるため、社員育成の課題解決に繋がるプランを計画できます。

一社独占型のライブ型オンライン研修のナレキャンで、
定着率の高い社員研修を実現させたい方は是非、お問い合わせください。

まとめ

コロナ禍でさらに需要が高まったオンライン研修は、現代にマッチした社員研修の形といえます。

オンライン研修の導入で、集合研修で発生していた交通費や宿泊費などのコストが削減され、
同時に、研修担当者・教育担当者の業務効率化を図ることができます。

集合研修からオンライン研修への切り替えは、単なるコロナ対策ではなく、会社目標の達成に繋がる有効な手段です。

オンライン研修をこれから導入されたい方は、
社員の役職・階級に合わせて自由自在にカリキュラムを設定できる、「ナレキャン」は、オススメですよ。

 

専任コンサルタントが、導入から貴社に合わせた運用まで丁寧にサポートさせていただきます!ぜひ、お気軽にお問合せください。


資料請求・お問合せ

0120-117-450 受付 9:30~18:00(土日祝日除く) 

 

研修コンシェルジュが丁寧に対応させていただきます。
お気軽にお問合せくださいませ!

オンライン研修 メリット・デメリット

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる