オンライン研修と集合研修を7つの項目で比較!それぞれの仕組みを理解しよう

従来までの研修といえば、受講者が一堂に会して行われる集合研修が一般的でした。しかし、最近ではデジタル技術の普及や新型コロナウイルスの感染拡大が影響し、一カ所に集まることなく研修を実施できるオンライン研修が高い注目を集めています。

そのため、社内で研修を実施しようと考えている担当者の方は、オンライン型と集合型のどちらを選択すればいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。オンライン研修と集合研修には異なるメリットとデメリットがあるため、それぞれの仕組みと違いを把握しておけば、より適切な選択ができるようになります。

 

この記事では、オンライン研修と集合研修のメリット・デメリットと、それぞれの違いを7つの項目でわかりやすく紹介します。

豊富な研修プログラムをご用意しています。お気軽にご相談ください。

メニュー

オンライン研修とは

オンライン研修と集合型研修の違い

オンライン研修とは、講師と受講者が一カ所に集まることなく、ZoomなどのWeb会議ツールを使いオンライン上で開催される研修のことです。

双方向でのリアルタイムのやり取りが可能なライブ配信型と、事前に録画された講義を後で受講者に視聴してもらう録画型の2種類に分類されます。

はじめに、オンライン研修の仕組みを深く理解してもらうため、メリットとデメリットを解説します。

メリット

企業がオンライン研修を実施するメリットは、主に下記の5点が挙げられます。

  • 遠方の社員でも気軽に参加できる
  • 研修を開催する際のコストが低い
  • 研修を録画できるので反復学習が可能
  • チャット機能などを使いコミュニケーションを促進できる
  • 教育の質を均一に保つことができる

オンライン研修の最大のメリットは、遠方に住んでいる社員でも気軽に参加できる点です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、一カ所の会場に多くの人を集めることが難しくなったという背景もあり、自宅にいながら気軽に参加できる点は大きなメリットです。

また、ライブ形式のオンライン研修ではチャット機能などを使いコミュニケーションを促進することができ、研修を開催する際のコストを抑えられるという利点も挙げられます。

デメリット

オンライン研修には、下記に記載する3点のデメリットがあります。

  • 最低限のIT設備が不可欠
  • 学習のモチベーションを維持するのが困難
  • スキルを習得するための研修には不向き

オンライン研修ではWeb会議ツールを使用するため、ある程度のスペックがあるパソコンや安定したインターネット環境が必要です。

また、集合研修のように一堂に会するわけではないため、受講者同士の交流が少なくなり、仲を深める機会を逸してしまうという点もデメリットとして挙げられます。

さらに、名刺交換などのビジネススキルを習得するための研修では、相手との直接的なやり取りを得て学習していくため、対面ではないオンライン研修では習得が難しくなります。

おすすめの定額制オンライン研修

セミオーダー研修定額制で!

  • 初期費用0円
  • 月定額10万円 ※それ以外かかりません!
  • 好きな日時に、自社の社員誰にでも
  • 好きなカリキュラムを導入可能!
  • 毎月定期コンサルティング付き。

弊社独自のしくみです。他社と比較してください!

集合研修とは

オンライン研修と集合型研修の違い

集合研修とは、講師と受講者が一堂に集まり対面式で行われる研修のことです。

社外のプロ講師へ依頼するか、社内の教育担当社員が講師となるかは企業によりさまざまで、従来までは研修といえば集合研修の形で開催されるのが一般的でした。

ここからは、企業が集合研修を実施するメリットとデメリットを解説します。

メリット

企業が集合研修を開催するメリットは、主に下記の3点が挙げられます。

  • 受講者同士で交流が生まれる
  • 学習に対するモチベーションが上がりやすい
  • 疑問をすぐに解決できて理解が深まる

集合研修のメリットは、受講者同士に交流が生まれ、学習に対するモチベーションが上がりやすくなる点です。

オンライン研修とは異なり、集合研修では社員が一堂に同じ場所に集まるため、新たな交流が生まれて仲が深まりやすくなります。また、同じ空間で共に研修を行うため、適度な緊張感が生まれて集中しやすく、学習に対するモチベーションが上がります。

対面形式なので、質疑応答の時間でその日の疑問や課題を即座に解決できる点も、受講者の理解度を深めやすくする大きな要因です。

デメリット

企業が集合研修を開催するデメリットは、主に下記の3点が挙げられます。

  • 時間と場所による制限がある
  • 実施する際に手間とコストがかかる
  • 理解度の差を把握するのが困難

オンライン研修とは違い、集合研修を実施する際は会場を手配しなければいけません。また、時間と場所を決める必要があるため、スケジュールを調整する手間もかかります。

その場ですぐに疑問を解決できる点をメリットとして挙げましたが、集合研修のように大勢がいる前で挙手して発言できる社員は限られています。

そのため、研修の最後にテストなどを実施できるオンライン研修とは違い、集合研修では理解度の差を把握するのが困難というデメリットも挙げられます。

オンライン相談会

企業の研修教育・採用戦略などにお困りの企業様を対象に、
無料相談窓口を開設しました。

人材教育など、人事に関わる内容であればなんでも相談をお受けいたします。お気軽にご相談ください。

オンライン研修と集合研修の違いを7項目で比較

オンライン研修と集合型研修の違い

ここからは、オンライン研修と集合研修の違いを7つの項目で比較していきます。

事前準備

オンライン研修の事前準備はパソコン、ネット回線、マイクの設定などです。いずれも研修前に簡単に行えるものばかりなので、手間はかかりません。

一方で集合研修は、会場の手配と設営、受付の設置、研修資料の動作確認やチェックなど、事前準備に膨大なコストと手間がかかります。

事前準備を少なくしたいと考えているのであれば、オンライン研修がおすすめです。

研修場所

オンライン研修はパソコンとインターネット環境があれば研修場所を問いませんが、集合研修ではスケジュールを決めて一カ所の会場に社員を集めなければいけません。

社員は自宅にいながら気軽に参加できるため、研修に参加するハードルを低くできます。

集合研修では一カ所に社員が集まるため、移動する時間がかかるだけではなく、新型コロナウイルス感染拡大で密を避けなければいけない現代の風潮とも合っていません。

講師と受講者

オンライン研修では講師と受講者は共に移動する必要がありませんので、Web会議ツールさえ使えれば自宅にいながら気軽に研修を受けることが可能です。

集合研修は、一カ所の会場で行われるため、講師と受講者は移動と準備の時間がかかります。

また、集合研修では講師を外部から招待するか、事前に研修内容を決めたうえで実施しなければいけませんが、オンライン研修ではツールを活用すれば手間なく実施することができます。

オンライン研修ツールには、教材とコンテンツが豊富に用意されているものがあるため、事前に研修の準備を進める必要がありません。

企業側の手間を削減できるオンライン研修ツールの仕組みや導入メリットは、以下の記事で詳しく紹介しています。気になる方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コスト

オンライン研修は、パソコンやインターネット環境などの設備が整っていればほぼコストはかかりませんが、集合研修では会場費や交通費などのコストがかかります。

開催する規模にもよりますが、会場費や交通費は決して安くはありません。コスト面だけで考えると、オンライン研修の方が安く抑えることが可能です。

学習内容

オンライン研修は録画しておくことができるため、受講者は繰り返し学習を受けることができます。好きな時間に静止画や動画を閲覧して知識をインプットできるe-ラーニングという種類もあるため、何度も繰り返し学習して知識を定着させることが可能です。

しかし、集合研修は基本的には1回しか受けることができません。一堂に集まり開催されるため緊張感があり学習に集中できるメリットはありますが、社員それぞれでモチベーションや習得時間に差があるため、繰り返し学習できない点はデメリットです。

議論の活性化

オンライン研修では、チャット機能などのコミュニケーションツールを使い議論を活性化させることが可能です。とはいえ、講師と受講者のやり取りがメインになることが多いため、受講者同士で議論を活性化させることは難しいでしょう。

そのため、受講者同士の議論の活性化という観点だけで考えると、集合研修の方が向いているといえます。

オンライン研修とは違い、隣の席に同じ研修を受けている社員がいる環境なので、疑問点があればすぐに話しかけることでき、お互いの考えを話し合うことができます。

オンライン研修でも、ブレイクアウト機能を使えば受講者を少人数のグループにわけて議論を行わせることは可能ですが、対面形式の集合研修に比べれば効果は劣ります。

関係性の構築

社員同士の関係性がより深く構築されるのは集合研修です。

多くの社員が一堂に集まる集合研修では、仕事中は見ることができない知らなかった一面を見る機会にもなります。また、普段は話す機会がない別の部署の社員とも、研修という共通の話題があるため関係性を構築しやすくなるキッカケになるでしょう。

オンライン研修の場合、オンライン上で繋がっているとはいえ、社員同士が個別で議論を交わすのは難しい環境です。気軽に話しかけることもできないので、関係性を構築するという観点だけで考えれば、集合研修の方が向いているという結論に至ります。

オンライン研修と集合研修は企業のニーズに合わせた使い分けが重要

オンライン研修と集合研修の違いを7つの項目で紹介していきましたが、最も重要なのは、それぞれの特徴を把握したうえで、企業のニーズに合わせた研修を実施することです。

企業が置かれている状況や、実施する研修の内容により向き不向きもあるため、一概にどちらを選択するのがベストであると断言することはできません。

さらに、新型コロナウイルス感染拡大の状況により集合研修を実施しにくくなるという背景もありますので、研修はニーズに合わせて集合型とオンライン型を使い分けましょう。

教育コストを抑えたい、人材教育を行う時間が作れない、オンライン研修に興味はあるけどノウハウがないから不安という悩みを抱える企業様は、ガイアシステムが提供する『ナレキャン』の利用をぜひご検討ください。

企業の状況やニーズに合わせて、独自の研修カリキュラムをセミオーダーで実現できるナレキャンでは、受講者の主体性を引き出すライブ参加型のオンライン研修を実施しています。

社内に教育制度がなくても、階層別・テーマ別に豊富なカリキュラムを豊富に用意しており、毎月の定期コンサルティングも付いているため、ノウハウや制度が確立されていなくても安心して利用できます。

興味がある方は、まずは気軽にお問い合わせくださいませ。

定額オンライン研修「ナレキャン」のご案内

定額制オンライン研修

セミオーダー研修定額制で!

  • 初期費用0円
  • 月定額10万円 ※それ以外かかりません!
  • 好きな日時に、自社の社員誰にでも
  • 好きなカリキュラムを導入可能!
  • 毎月定期コンサルティング付き。

弊社独自のしくみです。他社と比較してください!

こんな定額制のオンライン研修が欲しかった!
破格の研修プランの為、毎月10社限定の契約です。

ご興味をお持ちの場合は、お早めにご連絡ください。
御社の社員育成のお悩み を “ナレキャン” が 解決致します!

 

「1on1研修」「面談」として活用可能!
弊社トレーナーとの1on1コーチング/研修を設定することも可能です。個別指導も可能!研修効果も最大限に。

 

研修ニーズに合わせ、毎月「参加対象」を変更することも可能です。
貴社の研修導入目的(課題)を担当のコンサルタントがヒアリングし、月々の研修プランを企画ご提案させていただきます。

カリキュラムもお客様のニーズに合わせ「追加構築」可能です。
柔軟対応ができるのも、ナレキャンの魅力

オンライン研修と集合型研修の違い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
メニュー
閉じる