組織力向上のためのチームビルディング研修!目的や効果とは?

組織力向上のためのチームビルディング研修!目的や効果とは

「チームビルディング」という言葉は、多くの企業で重視され導入されています。特に新入社員研修などで行われているチームビルディングですが、経験や年齢に関係なく、全員が受けておくべきものです。

今回は、チームビルディングの基本から具体的な手法までを解説します。チームビルディング研修をお考えの方、組織力を向上させたいマネージャーの方など、ぜひ最後までご覧ください。

メニュー

チームビルディングとは

チームビルディングとは、組織やチームが同じ方向性を持って力を発揮していくために必要な、組織づくりの考え方、手法、プログラムです。

これまでは、組織としての考え方にありがちだった「リーダーが一人で組織の全てを動かす」スタイルですが、近年はその方法に限界を感じる人が増えています。そのため、これからは「一つの目標に向かって全体で力を合わせて取り組む」ために、全ての社員に組織の一員としての意識や責任感を持ってもらうことが必要になります。また、最近の働き方改革などによって、多様な価値観を持った人材と仕事をすることが増えている今だからこそ、個々の能力を活かして成果につなげるためには、チームビルディングが重要なのです。

チームビルディングの目的

チームビルディングを行う目的には様々なものがあります。

コミュニケーションの活性化

まずは、チーム内のコミュニケーションを活性化させて一体感を作り出すことです。組織としてのパフォーマンスを向上させることで、例えそのチームがプロジェクト限定など一時的に集められるチームだったとしても、「寄せ集めの集団」ではなく個々がしっかりスキルを発揮して役割をもち、お互いを補える関係性を作ることができます。

組織としての方向性が統一できる

チームとして仕事をする上で、ビジョンやミッションの共有は重要です。ココにずれが生じてしまうと、最終的な目標達成であったり成果を上げることができなくなります。お互いがしっかりコミュニケーションをとり、意識や方向性を統一するためにチームビルディングは欠かせません。

適切な人材配置

チームビルディングを行うことで、個々のスキルや特徴、強み・弱みが理解できます。その上で、リーダーは「その人にどんな役割を担ってもらうか」「どのポジションで仕事をしてもらうか」を判断することができます。

チームビルディングの対象者

チームビルディングは、チーム全員で行うものです。そのため、チームビルディングのための取り組みには経験年数や立場など一切関係なく全員が参加し、お互いを理解し合うことができるのです。「リーダーだから参加しない」「経営者だから参加しない」では、目標達成のためのチーム作りは難しいでしょう。

チームビルディングのメリット

チームビルディングを行うメリットには、次のようなものがあります。

コミュニケーションが活発になる

チームビルディングを行う一番のメリットは、コミュニケーションが活発になることです。チーム内のコミュニケーションがしっかり取れていると、良いことも悪いことも共有することができます。常に全員が同じ情報をもち、トラブルがあった場合には迅速に対処できる可能性が高くなるため、様々なリスクを避けることができるようになるのです。

新たなアイディアが生まれやすい

チームビルディングを行うことによって、新たなアイディアが生まれやすくなります。「こんなことを言っていいのかな」というブレーキがかかることなく、自分が思いついたことや考えていることをチーム内に発信することができますから、思いがけないアイディアが生まれ、それによって大きな成果を上げられた…ということも珍しくありません。

これは、チームビルディングによって「心理的安全性」が確保されているとも言えるでしょう。

生産性が向上する

チームビルディングによって自分の役割が明確になると、「やるべきこと」と「依頼すべきこと」がわかるようになります。例え相手が先輩であっても、協力を依頼することができるようになれば「全てを自分がやらなければならない」という意識から解放されるため、個々の生産性が向上し、チームとしてのパフォーマンスが高まるのです。

外部環境の変化に強くなる

チームワークがしっかりしている組織は、時代の流れや変化にも対応することができます。自分達が定めた目標が変化したり、時代や情勢の変化に惑わされそうになったとしても、それぞれが同じ方向性を向いていれば、組織としてのズレは最小限に抑えられるため、全員が協力して進んでいくことができます。

チームビルディングを成功させるコツと注意点

チームビルディングを成功させ、組織としての機能を十分に発揮するためには次のようなコツと注意点を意識しておくと良いでしょう。

ビジョン・ミッションを明確にしておく

組織として目標を達成するためには、「ビジョンやミッション」が明確でなければなりません。これがしっかりしていないと、組織としての方向性や自分がやるべきことがわからなくなり、モチベーションの低下や組織の崩壊を招きます。

組織として「うまくいっていないな」と感じることがあれば、まずは目標、ビジョン・ミッションを明確化し、全員が共有するようにしましょう。

マインドセットを意識する

チームとしての目標が明確でも、メンバーそれぞれが達成に対して前向きでなかったり意欲がなければ、チームとして目標達成や成果を上げることはできません。リーダーやマネージャーといった立場の人は、メンバーのモチベーションの変化を把握して、サポートする必要があります。

役割をしっかり決める

組織としての成果をあげて目標を達成するためには、それぞれが役割を明確に理解しておくことも必要です。タスクの振り分けや人員配置については、個々が自分のパフォーマンスを最大限に発揮できるよう心がけ、配置後の様子を見ながらサポートしていくことで、より良いチームビルディングができるようになります。

これらのコツや注意点に共通しているのは、コミュニケーションです。日頃から全体でコミュニケーションを取ることを意識して、”風通しの良い”職場づくりを心がけましょう。

チームビルディングの具体的な方法

では、実際にチームビルディングを行うにはどうすれば良いでしょうか。

実は、ビルディングの方法は様々なものがありますが、今回は誰でも簡単に準備できる「ゲーム」をいくつかご紹介します。

マシュマロチャレンジ

マシュマロチャレンジは、パスタ(乾麺)、テープやひも、マシュマロなどを使って”自立可能な”タワーをたて、最も高いタワーを作ったチームの優勝となるゲームです。他のチームがいなくても、チームで話したり意見を出し合いながら、「自立可能な高いタワーを建てる」という目標に向かって力を注ぎます。チーム発足初期段階に行われることが多いゲームです。

ペーパータワー

このゲームは、30枚程度のA4用紙を使って、できるだけ高いタワーを作るものです。これは、「マシュマロチャレンジ」よりも難易度が高く、細かいルール設定等もされているため、ある程度チームとしての交流ができてきたら行うと良いでしょう。

NASAゲーム

このゲームは、「チームの意見を1つにまとめる」ことが目的となります。優先順位をつけたりそれぞれの意見を相手に伝える(相手はそれを受け入れる)といったことが必要になることであったり、意見が対立することを恐れずに自分の意思を発することなど、相手の理解を深めるだけでなく自分の発信力も鍛えることができます。

ルールが細かく、難易度もそれなりに高いため、チームとしてある程度の関係性ができているものをさらに深めていくことになります。

これら以外にもゲームは多数ありますので、興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。

ガイアシステムの研修について

組織力向上は目標達成への近道!

今回は、チームビルディングについて解説しました。「多様な人材」「新しい働き方」などによって組織に求められるものやマネージャーやリーダーが身につけるべきスキルは大きく変化しています。

社内でチームビルディングの研修をご検討の方は、ぜひ弊社までご相談ください。準備やアフターフォローまでをコンサルタントが丁寧にサポートいたします。

 

さまざまなニーズに応じた豊富な人材育成研修プログラムをご用意しております。
研修コンシェルジュが丁寧で適確なご案内をさせていただきます。

0120-117-450

受付 9:30~18:00(土日祝日除く)


   

組織力向上のためのチームビルディング研修!目的や効果とは

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
メニュー
閉じる