MENU

ポジティブ心理学

2017 3/07

ポジティブ心理学とは、プライベートにもビジネスにも活かすことが出来ます!

 

ポジティブ心理学は、1998年にアメリカの心理学者マーティン・セリグマン教授が提唱した心理学の一分野です。

それ以前の心理学は、主に精神疾患を治療・改善することに重きが置かれてきましたが、ポジティブ心理学は、人々が幸福を感じながら、生きていけるようにするための方法についての研究です。

幸福度の高い人は、低い人よりも病気にかかりにくく、長寿で、収入も多いことがわかっています。つまり幸福を感じていると、人間は生産的になり、アクティブに活動します。より健康でいられます。周りの人々に親切になり、周囲と友好的な関係を築けます。また、人が感じている幸福感は、家族や友人へと拡散してゆきます。

ポジティブ心理学で研究されている幸福感を高めるための方法は、プライベートにもビジネスにも活かすことが出来ます。

 

ポジティブ心理学(positivepsychology)の用語解説

個人や社会を繁栄させるような強みや長所を研究する、近年注目されている心理学の一分野です。

精神疾患を治療するということよりも、通常の人生をより充実したものにするための研究がなされている分野です。

人間の良いところや強みに焦点を当て、人間の持つポジティブな側面を引き出していくための科学的かつ応用的なアプローチのことです。

ポジティブ心理学では、「感情」、「認知」、「対人関係」、「自己」などを主要領域として多様な研究が進められているとともに、組織開発(organizationdevelopment)などの領域においても応用的な取り組みが行われています。

 

ガイアシステムでは、体験型の研修プログラムを多数提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる