ピグマリオン効果

教師期待効果、または教育心理学者のロバート・ローゼンタールによって実験されたことからローゼンタール効果とも呼ばれ、教育心理学における心理的行動で教師の期待によって、学習者の成績が向上することです。

この効果は人間は期待されたとおりに成果を出そうとする傾向にあることの現れとされていて、教師が学習者に向けて期待をむけたことや、学習者が自分が期待されていると意識することによって成果が向上するといわれています。

これは教師と生徒だけに言えることではなく、指導者と師事者、上司と部下などにも言えることでありこのピグマリオン効果をうまく使うことは作業の効率をあげることやより大きな成果を上げることに繋がるといえるでしょう。

ガイアシステムでは、ピグマリオン効果を高める研修プログラムを提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)