MENU

オブサーバー

2019 9/10

オブザーバー(Observer)の用語解説

元になるobserveは、ラテン語で監視するで、人事領域においては研修を実施する際に、おもに研修の「観察者・観測者・立会人」として参加する人(受講者と講師を除く)をさすことが多い。

また、役割としてのオブザーバーという存在もあります。

目の前で当事者の観察(表情、態度等)をして、話の切り口を見つけ要約しながら、話を深めていく役目をします。

あくまでも第三者という存在で具体的には、「研修の開催責任者や事務局」、「(外部に研修を依頼している場合)提供会社の営業担当や開発スタッフ」、「研修を担当する別の講師」などが主なオブザーバーとなることが多い。

 

ガイアシステムでは、企業理念・事業目的を共有し高めるための研修プログラムを提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる