MENU

ダイバーシティ

2017 1/12

ダイバーシティ(diversity)とは、異なる性質を持つ多様な人材を組織に活用する考え方

ダイバーシティ(diversity)とは日本語に直訳すると多様性、相違を意味しています。

ビジネス、マネジメントの場面でこの言葉が活用される時は、異なる性質を持つ多様な人材を組織に活用する考え方を指しています。

元々は性別や年齢、国籍や信仰などで区別された社会的マイノリティの働く機会を増やす意味で使われる言葉でした。
しかし現在は社会的マイノリティの働く機会を増やす意味に留まらず、性格や価値観の違いなどを受け入れて積極的に活かす意味でも使われています。

ダイバーシティを重視される背景として多様化するニーズへの対応、優秀な人材の確保などがあります。

また、労働力人口が減少する中で労働力を確保する目的でダイバーシティに取り組む企業も少なくありません。

 

ダイバーシティ 用語解説

立場や研究分野によって様々な定義があり、何を対象とするかが異なるが、人を分類する際の基準となる特性のことをダイバーシティといいます。

・個人や集団間に存在するさまざまな違いという「多様性」を競争優位の源泉として生かすために、様々な違いを尊重し、様々な働き方を受容すること。

・また多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。

元々はアメリカにおける女性雇用やマイノリティ雇用など、差別的な処遇を改善するための考え方として広がりましたが、
近年では、派遣社員や正社員などの様々な雇用形態から、性別や人種、宗教、年齢、性格、学歴、価値観などの様々な観点を尊重し、
広く人材を活用することで企業の生産性を上げるためのマネジメントを指します。

ガイアシステムでは、多様な人材が共に働き、生産性を高めるための研修プログラムを提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる