マナー

マナーの中には様々な種類があります。

例えばお食事、電車内、ビジネスマナーや車の運転など。

そのすべてにおいて言えるのは、一般的に正しいと言われているものがすべてではないということです。もちろん正しいものの基準はありますが、その時の相手の状況によって変える。これが本当の意味なのではないでしょうか。

ここは間違えないで頂きたいのですが、正しいことを知っていて実践できる上で、相手の立場に立って気遣いができること、これがマナーのできる人です。

根本を理解できている方はいつも相手のことをしっかり観察して、相手が求めるであろうことを先回りして実践することができます。これが相手の立場に立って気遣いをすることです。

ガイアシステムでは、社員のマナー力を向上させる研修プログラムを提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)