MENU

マナー

2017 1/10

マナーとは、相手の立場に立って気遣いをすること

 

マナーの中には様々な種類があります。

例えばお食事、電車内、ビジネスマナーや車の運転など。

そのすべてにおいて言えるのは、一般的に正しいと言われているものがすべてではないということです。
もちろん正しいものの基準はありますが、その時の相手の状況によって変える。これが本当の意味なのではないでしょうか。

ここは間違えないで頂きたいのですが、正しいことを知っていて実践できる上で、相手の立場に立って気遣いができること、これがマナーのできる人です。

根本を理解できている方はいつも相手のことをしっかり観察して、相手が求めるであろうことを先回りして実践することができます。
これが相手の立場に立って気遣いをすることです。

 

マナーってどうして大切なの?

マナー(manners)とは、感じたり考えたりしたことを、言葉や表情・身振りなど、その場・その時にかなったやり方や礼儀作法をいいます。(TPOに合わせる)。人と関わりをもって生きていく上で「マナー」はとても大切なことです。

知っているつもりでいても案外それが間違っていたり、いざという時、マナーにてこずる場合は少なくありません。こんなときは、どうしたらよいかと突然迷ったり、ちょっとした疑問があっても、なかなか人には聞きにくいものです。では、マナーとは一体何でしょうか。

 

①自分自身を客観的に見て、見苦しいことをしていないか。自分がされたくないことはしないこと。

②これでいいのだろうか”と心配になったり、気にかかったりすることは、敢えてしないこと。

③マナーとは、心を伝える人間関係のコミュニケーションの手段であると考えてみましょう。
「礼とこころ」の言行一致こそが、現代のマナーといってよいでしょう。

そこで、自分も相手も気持ちよく過ごすためのルールを身につけ自信をもって行動できる人を目指しましょう!!

マナーは信頼を勝ち取るためにも、身に着けたい作法!

ビジネスマナーとは、「仕事上の作法やルール」のことです。

なぜ仕事をするうえで作法やルールが必要かというと、仕事というものがお互いの信頼や安心に基づいた人間関係により成り立っているからです。

たとえ初対面であったとしても、仕事で関係を持った人に対し、自分が信頼できる存在であることを理解してもらうための表現方法、相手を不快にさせないための作法・共通ルールなのです。

ぜひ、身に着けていきましょう!

 

ガイアシステムでは、社員のマナー力を向上させる研修プログラムを提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる