マネジメント研修の目的とは?管理職に必要なスキルと講習プログラムの詳細

近年の日本の課題として、人口減少による労働力人口の減少があります。
多くの企業が慢性的な人手不足に悩まされています。

それを解消するには、採用した人材に長く活躍してもらうことが大切ですが、
そのためには管理職層のマネジメント能力の向上が必須です。

しかし、自社でマネジメント研修をするには限界があると感じることも多いのではないでしょうか。
こちらでは、管理職に必要なスキルと講習プログラムの詳細についてお伝えさせていただきます。

 

ガイアシステムの「管理職育成研修」は、
受講者の行動変容につながる研修を行うことが可能です。

contents

マネジメントとは

「マネジメント」という言葉の定義を単に「部下を管理すること」と考えている場合は、
もう少し理解を深める必要があります。

「マネジメントの父」と呼ばれたドラッカーによると、
マネジメントとは「成果に対する責任に由来する客観的な機能である」とされています。

よりわかりやすく表現するとマネジメントとは
「組織の成果を向上させるためのすべての活動」だと言えるでしょう。

現在、人口減少のため雇用の減少や働き方改革の影響もあり、
どの企業にとっても人手不足は喫緊の課題となっています。

その課題を解決するために必要なのは高いマネジメントスキルを持った人材です。

今後生き残っていける企業になるためには、個々の従業員が経営的感覚を持ち、
生産性を向上させることが必須だと言えます。

マネジメント研修・管理職研修の目的

マネジメント研修・管理職研修の目的は、受講者の行動変容を促すことです。
具体的には、研修を通して以下の点を習得することが求められます。

  • マネジメントスキルの習得
  • リーダーとしての自覚
  • リーダーとしての自らの特性理解

マネジメント研修・管理職研修は、マネジメントスキルとは何かを正しく理解し、
一般社員と管理職では求められる就業意識が異なるという自覚を促す内容
でなくてはなりません。

さらには受講者の研修後の行動が変わってはじめて研修の成果があったと言えるでしょう。

マネジメントスキルを修得させる

マネジメントスキルとは、大きく分けると以下の4つです。

  • 意思決定のスキル
  • コミュニケーションのスキル
  • 管理のスキル
  • 分析のスキル

目標を設定し、目標達成のための戦略や課題を把握するのは管理者・リーダーです。
意思決定力が不足することは、組織のスピードが落ちることを意味します。

そうすると目まぐるしく変わるビジネスの世界において致命的な弱点になりかねません。

チームのモチベーションを上げ、結束力を高めるにはコミュニケーションスキルが役に立ちます。
チームメンバーが相談しやすいように話に耳を傾け、適切なタイミングで的確なアドバイスを行うことは、
組織として成果を上げるためにも必要です。

また、単にタスクの進捗度合いだけを管理するのではなく、
結果までのプロセスの透明度を挙げて共有することや、メンバーに自由にやらせてみることもときには必要です。

サポートが必要だと分かれば適切なコーチングを提供するといったプロセス、
結果を総合して管理するスキルがマネジメントをする際には求められます。

さらに、課題を発見し、解決するときに求められるのが分析力です。
適切に指示を出すためにも細部にわたってプロジェクトを把握し、分析する力は欠かせません。

マネジメントをする人材に以上の能力が不足していると、組織のパフォーマンスは目に見えて低下します。

特に管理職になって日が浅い人の場合、
適切な研修を受けることによって部下を持つ心構えを学ぶことによってマネジメントに悩んだときに基礎に立ち返ることができるでしょう。

一般職と管理職の役割の違いを理解させる

管理職になっても一般職と同じマインドでは、会社が求めている働きをすることはできません。マネジメント研修では、一般職と管理職とでは持つべき就業意識が大きく異なるという認識を促すことが大きな目的のひとつです。

以下の表は、一般職と管理職の相違点を比較したものです。

一般職管理職
評価個人の成果個人とチームの成果
責任上司から指示された業務を遂行する
「業務遂行責任」
部下に役割を与え組織としての成果を高める
「成果責任」
視点就業者経営者

一般職であれば、上司からの指示に従って業務を遂行することがそのまま自分の成果となりますが、管理職の場合は、自分とチームの成果に責任を負います。つまり部下のパフォーマンスが不足している場合は管理職もまた責任を問われることになるのです。

管理職は一就業者としてではなく経営的な視点を持つことが求められ、この点が一般職と管理職の最も大きな違いと言えるでしょう。

自己の特性を理解させる

従来あまり意識していなかった自己の性格や特性を改めて見直し、理解することも、マネジメント研修における大きな目的です。

リーダーには様々なタイプがあります。自己の特性を理解することによって、どういう点に留意してマネジメントを行うべきか、またよりよい指導をするためにどうすればよいのかを考えるきっかけを得ることが可能となるでしょう。

また、自己の特性を理解することは他者の特性を理解することにつながるため、部下を育成する上でも役立ちます。部下の特性に合わせた指導が可能になれば、部下のパフォーマンスも上がり、結果的にチームの成果につながると言えるのです。

一般的なマネジメント研修の種類と研修内容

マネジメント研修は大きく以下の2種類に分けられます。

  • 新任管理職研修
  • 上級管理職研修

マネジメント研修は、受講者のレベルを合わせることが重要です。ひとつの研修に、管理職歴が浅い新任管理職と上級管理職が混在しないように注意しましょう。両者では、学ぶべき内容やレベルが異なるからです。

新任管理職研修

新任管理職研修は、管理職歴が浅い、もしくははじめてチームを持つことになった従業員などが対象です。

新任管理職、特に初任の管理職の場合、視点を個人から組織へとシフトすることがまず重要になります。

研修では、主に以下のことについて学びます。

  • 管理職・リーダーの役割を知る
  • 自己理解を深め、どんなリーダーになりたいかの指針を立てる
  • 管理職・リーダーに求められるコミュニケーションスキルを学ぶ

研修で得たことを日々のマネジメント業務で実践し、自信を持ってチームのリーダーとして人を率いて成果を上げることが新任管理職研修のゴールです。上級管理職向けの研修と比べて、講習内容はマネジメントの基本が中心になります。

上級管理職研修

上級管理職研修は、部長クラスなど、より大きな組織をマネジメントする人材が対象になります。そのため、新任管理職研修に比べてより高度なマネジメント能力を習得するための研修内容が必要です。

研修では、主に以下の点について学びます。

  • 上級管理職の役割を知る
  • リスク管理や業績に関する経営数字の捉え方を学ぶ
  • 経営的視点に立った組織マネジメントについて学ぶ

経営数字の読解、成果につながる事業の進め方など、経営的視点に立って戦略的発想ができる人材を育てるのが上級管理職研修のゴールです。

企業の管理者・リーダーに必要なマネジメントスキル

マネジメントスキルには、大きく分けて「意思決定」「コミュニケーション」「管理」「分析」のスキルがあります。これらのマネジメントスキルの向上のためには、特に以下の項目が重要です。

  • 信頼関係を構築できる
  • 育成力・指導力
  • 周囲を巻き込むコミュニケーション力

仕事は他者と協働して行うことがほとんどです。組織としての仕事をスムーズに進めるためにも、他者との信頼関係を構築することは必須だと言えるでしょう。例えば、部下と信頼関係が構築できていなければアドバイスをしても素直に受け止めてもらえないでしょう。部下から信頼されてはじめて部下を育成し、正しい方向へ導くことが可能になるのです。

また、部下が指示待ちの状態では進捗状況も良くないでしょう。個々が最大限のパフォーマンスを上げ、成果を上げるためにも、一人ひとりが自主的に動き出すように働きかけたりアドバイスを行ったりするなど、周囲を巻き込むコミュニケーション力は理者・リーダーのマネジメントスキルとして重要です。

信頼関係の構築

他者、特に部下とは一緒にゴールを目指して協働していくにあたり、信頼関係を築くことは非常に大切です。不信感は指導に対する説得力を失うため、信頼関係を築くことこそが業務を円滑に進めていくカギとなります。

信頼関係を高めるためには、以下の点を部下に示すことが大切です。

  • 公平さ
  • 誠実さ
  • 謙虚さ
  • 責任感

人間ですから相性や好みはあるでしょうが、マネジメントを行う立場となったからには公平さを保つことが必要です。この場合の公平さとは、誰にとっても同じ条件で接するということではありません。部下一人ひとりの立場や特性を理解した上で、公平に扱うことが求められるという意味です。

また、管理者・リーダーには誠実に部下の意見に耳を傾けることが求められ、同時に謙虚さも求められます。まずは部下の意見を傾聴することができてはじめて適切なアドバイスができますし、頭ごなしに進捗の遅れを叱るよりも状況を共有し、マネジメント上問題がなかったか振り返り、改善することも必要です。

さらに、トラブルが発生したときには自ら責任をとるくらいの覚悟がないと、部下との間に信頼関係を築くことは難しいでしょう。トラブルの責任はマネジメントをする自分が負うものであり、部下に責任を押し付けることなどはあってはなりません。それでは信頼関係が築けないばかりか、次の仕事を進める上でも支障が生じてしまいかねません。

育成力・指導力

マネジメントの最終目的とも言えるのが「部下の育成」です。部下を育成するにあたっては育成力・指導力・傾聴力・対話力が欠かせません。

一つひとつ細かく口を出すのではなく、適切なタイミングで的確にフィードバックをすることは、部下の能力を最大限に引き出すために非常に重要です。これは「コーチングスキル」とも呼ばれ、一方的に指示を出すのではなく、部下の自主性を重んじ、部下の特性や価値観に合わせて問いを投げかけ、部下が自分で腑に落ちるまで考えながら業務に当たらせるために有効なスキルです。

場合によっては受容的・共感的に部下の話を聴く傾聴力や対話力も、指示を与える際には大切になってきます。部下との対話から、適切な指示のヒントが生まれることも少なくないからです。

周囲を巻き込むリーダーシップ・コミュニケーション力

部下と一口に言っても、その個性は様々です。組織全体で連動し成果を出すためには、メンバーをまとめるリーダーシップやモチベーションを上げるコミュニケーションスキルを持つ管理者・リーダーが求められます。ときには部署の垣根を越えて、チーム外の人も巻き込むことができる行動力も重要です。

また、部下へのフィードバックなどの際に心に響く言葉で伝えるためには、思考を的確に言語化できる力も必要です。マネジメントにおいてコミュニケーション力は、特に重要な能力であることを理解しておきましょう。

ガイアシステムの管理職育成研修の特徴

ガイアシステムでは主に新任管理職を対象にした「管理職育成研修」を実施しています。マネジメントスキルを効率よく学べると定評があります。

ガイアシステムの実施する研修の特徴として一番に挙げられるのが、オーダーメイド型研修です。企業は100あれば100通りのお悩みがあるものです。ガイアシステムでは企業の理念・社風にフィットした研修を一緒になって作り込み、ニーズや課題に合ったオーダーメイドの研修を提供します。

また、研修の効果をより高めるため、研修後のフォローも手厚く行っているのが特徴です。こうしたトータルパッケージによる研修のため、研修後、社員の変化を実感されている企業様も少なくありません。

研修で得た知識を実際のマネジメントに活かせる実践的な外部研修をお探しなら、ぜひ一度ガイアシステムにご相談ください。ガイアシステムの管理職育成研修についてはこちらをご覧ください。

管理職育成研修のプログラム内容

管理職育成研修は、管理職が組織を率いて成果を最大化していくことを目的とした研修です。

管理職が業績を上げるためには2つの視点を持たなくてはなりません。経営的視点、そして部下の育成や現場のパフォーマンスを向上させるための組織のメンバーとしての視点です。

研修のプログラム内容は以下のポイントに重点を置いて組まれています。

  • リーダーの役割
  • 組織の方向性を示す、経営陣とチームの橋渡し役としての役割
  • 部下への適切な指導・教育

管理職は一般職と同じマインドでは務まりません。一プレイヤーから、組織として成果を出していくためにマネジメントを行う立場であるという自覚を持つ必要があります。

会社の経営理念・経営陣の思想などを自分なりに理解し、部下に伝えていくのも管理職の大事な役割のひとつです。部下の特性やスキルを把握し、一人ひとりに合ったアドバイスやコーチングをすることも、組織としてのパフォーマンスを向上させるためには欠かせません。

組織によって抱える課題やニーズは異なるので、組織に合わせた研修プログラムを組むことが必要です。そのために、オンライン受講と集合研修を組み合わせて受講することも有効です。ニーズに合わせたオーダーメイドの研修ができるのもガイアシステムの管理職育成研修の強みです。

マネジメント研修を無駄にさせないコツ

研修をより実りあるものにするために、ガイアシステムでは研修の前後に「研修導入前コンサルティング」「研修アフターコンサルティング」を無料で提供しております。

ヒアリングをもとに、研修後の育成成果目標を言語化し、会社と共有するための「研修導入前コンサルティング」を行い、最も効果的なカリキュラムを作成します。

研修後の「研修アフターコンサルティング」では、講師がキャッチアップした受講者の成長課題にはじまり、受講後に必要な教育方法まで、様々な角度から経営課題に直結するテーマのコンサルティングを行います。

研修導入前と研修後で受講者の行動変容が現実のものとなるために、万全のコンサルティングとフォローアップは欠かせません。ぜひ活用して管理職育成にお役立てください。

事前に研修の目的と会社が期待していることを伝える

研修の効果を高めるために、受講前にしておきたいことがあります。それは、まず自社の課題を明らかにすることです。その上で、受講者に対して研修の目的をしっかり理解させることが非常に重要です。研修目的を明らかにするのとそうでないのとでは、研修における受講者の吸収度合が全く違ってきます。

同時に、会社が研修後に受講者にどう変わってほしいか、という期待を伝えておくことも大切です。会社からの期待を感じることができれば、受講者のモチベーションも上がり、研修に対する取り組み方も変わります。

講習後もフォローし行動変容を促す

研修は受講して終わりではありません。受講後の行動に変化が見られるかどうかが重要です。研修を行う大きな目的は行動変容です。ただ単に研修内容を理解するだけでなく、研修の前後で働き方に変化が見られるよう、組織として受講者をフォローすることが必要となります。

特に新任管理職の場合は、マネジメントスキルを徐々に高められるように面談の機会を増やしたり、チームの進捗を共有できる仕組みを作ったりして、後押ししていくことが重要です。

まとめ

管理職がマネジメントについてきちんと理解し、実践につなげていくことは、企業の成長のために非常に重要です。しかし、企業の数だけ課題も異なるので、自社にピッタリ合った研修を探すのは難しいとお考えのご担当者様も多いのではないでしょうか。ガイアシステムの管理職研修なら、会社の抱えている課題やニーズに寄り添い、他にはないオーダーメイドの研修を作り上げる点でおすすめです。「自社での管理職研修が難しい」「自社に合った研修内容を希望する」など、マネジメント研修のことでお悩みでしたら、ぜひ資料請求・ご相談をしてみてはいかがでしょうか。


 

資料ダウンロード・お問い合せ

 

お気軽にお問い合せください!
研修コンシェルジュが丁寧で適確なご案内をさせていただきます。

0120-117-450

受付 9:30~18:00(土日祝日除く)


   

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる