エンパワーメント

部下の能力を十分に生かすエンパワーメント

エンパワーメントとは、目標を達成するため部下に対して自ら行動する力を与えることです。

具体的には、上司が業務の目的や目標を正確に示すこととともに、そのための手段や方法については部下の主体的な判断に任せることをいいます。

指示や解決策を投げっぱなしにするのではなく、部下が自分自身の能力を発揮し、問題点を見つけ、それを解決する方法を編み出すことを整えることが重要です。

そのためには「どこまでが可能でどこまでが不可能か」という部下の能力を上司が把握し、適切な業務を割り振ることがポイントになります。

また部下の実力に対して明らかに不足する業務を与えることも逆効果になります。

適切なエンパワーメントを行うためには「具体的目標の共有」「正当な評価」「能力の把握」が大切なポイントになってきます。

 

ガイアシステムでは、リーダーシップを高める研修プログラムを提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)