ジョハリの窓(Johari window)

サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリー・インガム (Harry Ingham) が発表した、円滑な対人関係を考えるために考案されたモデルのこと。後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになった。

対人関係において、自分自身を以下の4つの領域に分けて考える。

1、自分と相手の両者がよく知っている領域
2、自分は知っているが、相手は知らない領域
3、相手はよく知っているが、自分は知らない領域
4、自分も相手も知らない領域

対人関係を向上させていくためには、自己開示と周囲からのフィードバックを通して「1、自分と相手の両者がよく知っている領域」を拡大していくことが大切だとされている。


ガイアシステムでは、下記のプログラムの中で、社内の対人関係向上を目的として自己開示と相互のフィードバックを促す働きかけをしている。

自律型リーダー育成研修
HPCシステム
接客指導コンサルティング