PM理論

PM理論は日本人社会心理学者である三隅二不二(みすみじゅうじ)によって提唱されたリーダーシップ論です。

特徴は、リーダーの能力をPerformance目標達成能力、Maintenance集団維持能力の2つの要素から分析する点にあります。

PM理論では、PとMの能力の高低によりリーダーの典型を4つに分類することができ、能力の大きいものを大文字で表し、小さいものを小文字で表現します。

 

ここで具体的な特徴を以下に示します。

PM型:理想とされ成果を上げさらにチームをまとめあげる力も備えている

Pm型:生産性は高いが、チームの維持する能力に欠ける

pM型:チームをまとめる力はあるが、高い成果を上げることができない

pm型:生産性・チームをまとめる力ともに欠いたリーダー

 

PM理論は、リーダーの運営能力をPとMの能力から推し量り、問題点を把握する尺度として役立てられます。

 

ガイアシステムでは、リーダーシップ力を高める研修プログラムを提供しています。

 

新入社員スタートダッシュプログラム

自律型リーダー育成研修

OJTトレーナー育成研修

HPCシステム(HPCシステムサイトへ)