新入社員研修|介護業界 株式会社ベストライフ様

介護研修 お客様の声

株式会社ベストライフ様
業界・業種:有料老人ホーム、居宅介護支援事業所等の運営
施設数:183施設
職員数:3,522名 (令和3年1月現在)

実施内容:新入社員研修(オンラインにて)
受講者数:9拠点  約120名 

全国9拠点 約120名の新入社員の皆さまに対し、新入社員研修を実施させていただきました。

例年は、集合型にて新入社員研修を実施されていますが、本年度は、コロナウィルス感染防止の観点から、オンラインでの実施となりました。

新入社員120名が、各自のタブレットやパソコンからオンライン参加するのではなく、配属先の研修会場に集まり、9拠点をオンラインで繋げる“ハイブリッド型”で実施。

オンライン研修

事前に、各拠点の新人教育担当者(指導役トレーナー)とオンライン接続テストや、
研修の進め方についてのオリエンテーションも行い、
万が一、ネットトラブルが発生した際には、各拠点の指導役トレーナーが対処できるよう対策しています。

※各拠点では感染防止のため、フェイスガード・マスク・ソーシャルディスタンスを守り開催しております。

contents

研修の満足度について

以下、株式会社ベストライフ 介護保険研修部 研修担当者様にご回答いただきました。

例年、講師の方に訪問頂き、集合型研修を実施して頂いていた為、
その研修と比べると研修生の様子の変化は少し劣ってしまうように感じました。
しかし、コロナの件もありオンラインでの研修を初めて実施させていただき、
不明点などは都度電話で行う事が出来、研修当日もイレギュラーに対して柔軟にご対応頂けました。

項目満足やや満足普通やや不満不満
研修の全体の満足度    
レクチャー内容    
講師力    
価格    
研修前後のサポート    
受講者の様子・変化    

研修導入の「背景・きっかけ」また「目的」について

上記にも記載させて頂きましたが、新型コロナウイルスの影響により、外部からの研修参加を必要最低限とし、
オンラインで研修を実施したかった為です。

プロの講師の方から、新社会人として高齢者様や、ご家族様、または上司、先輩への立ち振る舞いや
心構えをしっかりと学び、一人一人が適切なビジネスマナーを習得することを研修目的としました。

ガイアシステムの研修に決定した理由

オンライン研修の経験が他社より豊富であったこと。
決めさせていただく際に不明点に対する回答や、研修内容、金額等において、
全てスピーディーに対応を行って頂けたことです。

研修実施後の感想 

会社の理念、社則等も取り入れ研修を行って頂けたことで、研修生も理解しやすい研修であったと思います。
しかし、冒頭の回答にも記載をさせていただきましたが、実際に来ていただいた研修よりもオンライン研修では、
研修生の姿勢の変化という意味では少し劣ってしまうように感じました。

次回も同じような研修で行う機会があればより研修生同士のやりとりを増やす研修も取り入れてみたいと感じました。
※今回は感染症対策により、グループワークや動きがある研修は最小限にして欲しいと依頼した為。

研修開催レポート

 

今回の新入社員研修の目的・カリキュラムの内容などをご紹介します。

研修の目的:3つのポイント

  1. 学生から社会人へマインドチェンジし、社会人としての自覚と考え方を形成する
  2. 社会人マナー、ビジネスネススキルの本質を学び、「わかる」から「できる」を目指す
  3. 新入社員間の相互理解深める

カリキュラム紹介(一部抜粋)

テーマ詳細・実施目的
1.はじめに
アイスブレイクワーク
【アイスブレイクワーク】自己紹介ワーク

<point>
設定されたテーマで発言・表現させることで、
参加者の研修に対する強要意識の払拭し、主体的な参加意識を高めます。
2.研修の目的・研修とは「職員の成長のためにある」
・なぜ何のために学ぶのか?
・新人職員として会社から求められている役割とは?

<point>
受講者が研修目的を正しく理解することは、
参加意識を高め、研修内容の習得効果をUPさせることができます。
3.社会人と学生の違い【グループワーク】社会人と学生の違いについて考える
・社会人と学生の違いとは?
・活躍できる社会人になるためにに必要な基礎力とは? 
4.社会人の基礎・社会人としての6つの基礎行動
・メモを取る、挨拶、リアクション、整理整頓、返事、時間管理
・ひとつずつの行動の礼儀(形と心)を学ぶ
・知行合一=知っていても実践できなければ、知らないのと同じ 
信頼されるマナー 

※介護施設「業界特化」カリキュラム
①挨拶 ②表情 ③態度 
・利用者様にとって、“話しかけやすい” “安心”な印象をつくるポイントとは?
・挨拶・表情・態度(立居振舞)
・好印象を与えるスマイルと微笑みの表情とは
・綺麗なお辞儀と所作のポイント 

④身だしなみ
・清潔感と安全性身
・だしなみチェックリストで確認

⑤言葉遣い
・利用者様の尊厳を守る、正しい言葉遣い
・正しい敬語よく使うフレーズクッション用語の活用
6.総括・学びの振り返り、明日への実践について
・質疑応答&感想

グループワーク

オンラインでの研修だからといって、講師の一方的な講義を聞くだけでは、受講者の集中力も持ちませんし、学びの効果も大きくありません。

最小限に留めつつも、隣前後の方と少人数のグループをつくり
ディスカッションなどの時間を作りました。

研修当日は、入社2日目。
新入社員同士には、まだ互いに緊張感があるため、緊張をほぐすアイスブレイクとして、2人1組のペアでお互いにインタビューをし合う自己紹介ワークを行いました。

このワークでは、単に自己紹介をし合うことが目的ではなく、
ワークを通して、信頼関係は自ら努力して生み出すもの、相手に興味を持つことの大切さを

体感するために実施しました。

介護施設で働く受講者様にとって、「自発的に動くこと」は、利用者様、そのご家族、
上司、同僚と様々な方と接する上で大切なポイントになるためです。

今回はコロナ対策を考慮した約2時間程のオンライン研修です。
現在の環境下での最大限の選択として、短時間で実施可能なワークを数回、折り込みました。
グループワークは、オブザーバー参加の人事・教育担当者様に、新人のタイプ特性や積極性を感じる機会としても活用いただいています。

信頼されるための「信頼マナー5原則」

「新入社員の基本行動」や「接遇力」のスキル習得を求められる介護施設の新入社員の皆さんに対し、信頼されるための「信頼マナー5原則」を実施しました。

知識を得るだけでなく、明日からの実践につなげること。

「知っている」から「できる」そして、「教えることができている」を目指し、日々、当たり前に行動できるようになるための道筋として設定しています。

介護施設「業界特化」のレクチャー内容

ベストライフ様の理念に基づき、利用者様、そのご家族様に配慮した対応の求められる仕事だからこそ
「社会人としての基礎力が重要である」ということを、一貫して講義させていただきました。

  1. 利用者様の尊厳を守る
  2. 利用者様との信頼関係を築く
  3. 数ある施設の中から選ばれるために

自身の行動が利用者様に与える印象は、施設の印象となります。
この意識を持てるかどうかで、日頃の「立ち居振る舞い」が変わります。
どのような意識を持ち、どのような行動を求められているか、
ベストライフ様の理念に基づきレクチャーさせていただきました。

合わせて「信頼関係の築き方」「傾聴力」についても、カリキュラムに取り入れております。


資料請求・お問合せ

0120-117-450 受付 9:30~18:00(土日祝日除く) 

 

研修コンシェルジュが丁寧に対応させていただきます。
お気軽にお問合せくださいませ!

介護業界新入社員研修-お客様の声

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる